2018年05月31日 05時00分 公開
特集/連載

理想的なRPAアーキテクチャを構築するための方法2つの自動化モデル

企業はRPA(ロボティックプロセスオートメーション)を導入し、ルールに基づく反復作業をコスト効率の高い方法で自動化している。この場合のROI(投資利益率)は、導入したRPAのアーキテクチャが適切かどうかに左右される。

[David Brain、Phil Fersht,TechTarget]

関連キーワード

ROI | 業務効率


 RPA(ロボティックプロセスオートメーション)への関心が急速に高まっている。それは、グローバル企業が自動化ソフトウェアを導入するメリットに気付いているためだ。特にルールに基づくトランザクション処理を大量に実行する場合は、RPAがコスト効率の高い合理的な方法を提供する。だが残念なことに、多くの企業は、現在や将来の自社のビジネスニーズを満たすツールを判断できずに苦慮している。今回は、RPAの導入を成功に導くために、最適なRPAアーキテクチャの構築方法を取り上げる。

 RPAツールは多く存在するが、そのどれもが特徴や機能が異なる。あらゆるビジネスに幅広く対応する万能のRPAツールは存在しない。そのため企業は、どのツールが自社の目標実現に最適かをじっくり検討する必要がある。それ以上に、既存システムとプロセスに基づいて、RPAと次世代自動化技術の利用を最適化する枠組みを構築しなければならない。適切な構造と設計がなければ、RPAの運用モデルは破綻し、企業は投資の効果を得られない。

 ここからは、RPA導入の理想的なアーキテクチャを構築し、可能な限り高いROIを実現するために、企業が検討すべきことを考える。

階層化設計のメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...