「CPaaS」を“理想のテレワーク”の実現に生かす方法「開発するか、利用に徹するか」が分かれ道

「CPaaS」は有用なクラウドサービスだが、導入後すぐにメリットが得られるわけではない。CPaaSをベースに新たなテレワーク体制を整えるためには、どのような事前計画を立てるべきなのか。

2020年10月27日 05時00分 公開
[Tsahi Levent-LeviTechTarget]

 「CPaaS」(Communications platform as a service)は音声やビデオ、チャットなどのコミュニケーションの仕組みを作るためのクラウドサービスだ。在宅勤務などのテレワークを支えるシステムを構築したい企業のIT部門にとって、CPaaSの活用が有力な選択肢になる可能性がある。

CPaaSをテレワークに生かすこつ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。