2020年10月27日 05時00分 公開
特集/連載

「CPaaS」を“理想のテレワーク”の実現に生かす方法「開発するか、利用に徹するか」が分かれ道

「CPaaS」は有用なクラウドサービスだが、導入後すぐにメリットが得られるわけではない。CPaaSをベースに新たなテレワーク体制を整えるためには、どのような事前計画を立てるべきなのか。

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]

 「CPaaS」(Communications platform as a service)は音声やビデオ、チャットなどのコミュニケーションの仕組みを作るためのクラウドサービスだ。在宅勤務などのテレワークを支えるシステムを構築したい企業のIT部門にとって、CPaaSの活用が有力な選択肢になる可能性がある。

 企業にとってCPaaSにはさまざまな利点がある。とはいえCPaaSは導入後に問題をすぐに解決するようなものではない。テレワーク中の従業員は、日常的に利用するソフトウェアの大部分をSaaS(Software as a Service)に移行させるか、オンプレミスのソフトウェアを利用するための適切なVPN(仮想プライベートネットワーク)を提供する必要がある。ただしほとんどのVPNは同時接続数や回線容量の制限があるため、利用できる従業員数が限られることがある。

CPaaSをテレワークに生かすこつ

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...