2020年10月26日 05時00分 公開
特集/連載

「WildFly」「JBoss EAP」の基本的な違いは? Java2大APサーバ比較歴史から探る相違点と類似点

「Java」のアプリケーションサーバ「WildFly」と「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」(JBoss EAP)は何が違うのか。両者には共通する部分は多いものの、明確な違いがある。

[Cameron McKenzie,TechTarget]

 「WildFly」と「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」(JBoss EAP)という、Red Hatが管理する2つのアプリケーションサーバ(APサーバ)がある。両者は何が違うのか。

 JBoss EAPのオープンソースソフトウェア(OSS)版は、以前「JBoss Application Server」(JBoss AS)という名称だった。この2つの名称が似ていたことが、あまりにも広範に混乱を引き起こした結果、Red HatはJBoss ASの名称をWildFlyに変更した。

 かつてJBoss EAPの新しいバージョンはJBoss ASをベースに構築されていた。それはJBoss ASの名称がWildFlyに変わった現在も変わらない。以下でWildFlyとJBoss EAPの歴史を整理し、両者の類似点と相違点を紹介しよう。

WildFlyとJBoss EAPの関係

 JBoss EAPは「Jakarta EE」準拠のプロプライエタリアプリケーションサーバで、Red Hatが商用サポートを提供する。Jakarta EEとは、プログラミング言語および開発・実行環境「Java」の企業向け仕様群「Java Enterprise Edition」(Java EE)のオープンソース版で、Java EEと互換性を持つ。単純に言えばJBoss EAPはWildFlyの商用版にすぎない。

 Red Hatでアプリケーション開発・デプロイ支援ミドルウェア「Red Hat Runtimes」の技術製品マネジャーを務めるジェームス・フォークナー氏によると、WildFlyはJBoss EAPを構築する土台となるアップストリーム(上流)プロジェクトだ。「JBoss EAPの新機能の多くは、まずWildFlyで実装される」(フォークナー氏)

 JBoss ASの最後のメジャーバージョンは「JBoss AS 7」だった。このバージョンが準拠していたのは「Java EE 6」だ。WildFlyに名前を変えた最初のバージョン番号は8で、「Java EE 7」に準拠していた。2020年6月公開の「WildFly 20」は「Jakarta EE 8」準拠であると同時に「Java EE 8」に準拠している。

WildFlyとJBoss EAPの相違点

 開発者は、WildFlyを「JBoss EAPの新機能が生まれる土台」だと考えることができる。WildFlyは、ソフトウェアの開発プロセスを自動化する「継続的デリバリー」(CD)モデルを採用しているため、JBoss EAPよりもバージョンの更新が頻繁だ。つまりWildFlyユーザーは、JBoss EAPに新機能が加わったバージョンの公開を待たずに、その新機能を使ったり、最新バージョンについてのフィードバックを提供する機会を得たりできる。WildFlyと比べて、JBoss EAPのバージョンアップ頻度ははるかに少ない。

表 WildFlyとJBossの違い
名称 WildFly JBoss EAP
ベンダー Red Hat
Java EEとJakarta EEへの準拠
ライセンス GNU Lesser General Public License(LGPL)
サブスクリプション形式の料金体系
利用可能言語 Java
Eclipse MicroProfile 組み込み済み 拡張パックが必要

 API(アプリケーションプログラミングインタフェース)の観点から見たWildFlyとJBoss EAPの大きな違いは「Eclipse MicroProfile」の利用方法にある。Eclipse MicroProfileは、マイクロサービスアーキテクチャ(独立性の高い小規模のサービスを組み合わせるアプリケーション構造)に基づいたJavaアプリケーションを開発するための仕様群だ。WildFlyはEclipse MicroProfileに基づく機能を利用するためのAPIを標準で含む。JBoss EAPでEclipse MicroProfile準拠のAPIを利用するには、そのための拡張パック「JBoss EAP XP」(Eclipse MicroProfile Expansion Pack)をインストールしなければならない。

 WildFlyとJBoss EAPの違いで重要な要素は他にもある。Red HatがJBoss EAPだけにサブスクリプション形式の課金体系を提供している点だ。他の要素はアプリケーションサーバを比較する際の一般的な項目にすぎない。WildFlyとJBoss EAPは相違点よりも共通点の方が多いと言える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

動画配信サービス利用者の約7割が広告視聴に対して前向き――The Trade Desk調査
テレビよりも動画配信、それも無料サービスの利用意向が高まっているようです。

news150.jpg

「新しい出会いや人とのつながりを大切に感じるようになった」人が7割――Sansan調査
新型コロナウイルスの影響で、これまでのように気軽に出会えないことが、ビジネスパーソ...

news050.jpg

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...