2020年10月25日 08時30分 公開
特集/連載

Android 11の「仕事とプライベートをより厳密に分ける機能」とは?「AppleのiOSをプライバシー保護で追撃」と専門家

Googleがリリースした「Android 11」は仕事用データと個人用データの分離を強化するなど、データ保護機能を充実させた。専門家にAndroid 11の見どころと課題を聞く。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

Android | Google


 Googleは同社のモバイルOS「Android 11」で、スマートフォンの個人用データと仕事用データを分ける機能を強化した。企業と従業員がデータを保護するための機能拡充を図った形だ。

 仕事と私用の両方にスマートフォンを使うことが一般的になり、仕事のデータと個人のデータを分離する必要性が高まっている。企業は従業員のスマートフォンからの情報漏えいを防ぐ必要がある。従業員はスマートフォンの個人データを会社に見られたくない。Android 11はこうした要望に応えて仕事用タスクと個人用タスクを分離する機能を強化するとともに、IT管理者が制御できる項目に改良を加えた。

 フリーランスアナリストのエリック・クライン氏によると、Android 11は「革新的なアップデートではない」。ただし新しいデータ制御機能は「プライバシー保護機能に力を入れているAppleを追撃する助けになる」とクライン氏はみる。「Appleはプライバシー保護分野で大きく前進し、市場をリードし続けている。Androidは出遅れたが、今は遅れを取り戻しつつある」(同氏)

「仕事」と「個人」をより厳密に分けるAndroid 11の機能

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

動画配信サービス利用者の約7割が広告視聴に対して前向き――The Trade Desk調査
テレビよりも動画配信、それも無料サービスの利用意向が高まっているようです。

news150.jpg

「新しい出会いや人とのつながりを大切に感じるようになった」人が7割――Sansan調査
新型コロナウイルスの影響で、これまでのように気軽に出会えないことが、ビジネスパーソ...

news050.jpg

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...