iPhone、iPad管理に「Apple Configurator」を使うのは“賢い選択”ではない理由「Apple Configurator」の限界と代替策【前編】

「iPhone」「iPad」といったAppleのモバイルデバイスを管理する手段に「Apple Configurator」がある。ただし、あらゆる企業に適しているわけではない。Apple Configuratorの注意点は何か。

2021年08月24日 05時00分 公開
[Jack GoldTechTarget]

 金融や医療、製薬、教育、小売りなど、さまざまな業界の企業がスマートフォン「iPhone」やタブレット「iPad」などのApple製モバイルデバイスを活用している。こうした企業のIT担当者にとって、Apple製モバイルデバイスをいかに効率よく管理し、セキュリティを保つかが腕の見せどころだ。

 Appleのモバイルデバイスを一括管理するツールの一つとして、同社の「Apple Configurator」がある。ただしApple Configuratorは必ずしも全ての企業に適しているわけではない。

Apple Configuratorが“賢い選択肢”とは言い切れない3つの理由

 IT担当者がモバイルデバイスを個別に管理するのは手間がかかり、効率が悪い。数百台のiPhoneやiPadを利用している医療機関や小売店を例に挙げよう。こうした組織にとって、遠隔からデバイスの一括管理ができるツールの採用は避けられない。Apple Configuratorは候補になるものの、幾つかの注意点がある。

1.「Mac」の管理が必要になる

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...