2021年08月24日 05時00分 公開
特集/連載

iPhone、iPad管理に「Apple Configurator」を使うのは“賢い選択”ではない理由「Apple Configurator」の限界と代替策【前編】

「iPhone」「iPad」といったAppleのモバイルデバイスを管理する手段に「Apple Configurator」がある。ただし、あらゆる企業に適しているわけではない。Apple Configuratorの注意点は何か。

[Jack Gold,TechTarget]

 金融や医療、製薬、教育、小売りなど、さまざまな業界の企業がスマートフォン「iPhone」やタブレット「iPad」などのApple製モバイルデバイスを活用している。こうした企業のIT担当者にとって、Apple製モバイルデバイスをいかに効率よく管理し、セキュリティを保つかが腕の見せどころだ。

 Appleのモバイルデバイスを一括管理するツールの一つとして、同社の「Apple Configurator」がある。ただしApple Configuratorは必ずしも全ての企業に適しているわけではない。

Apple Configuratorが“賢い選択肢”とは言い切れない3つの理由

 IT担当者がモバイルデバイスを個別に管理するのは手間がかかり、効率が悪い。数百台のiPhoneやiPadを利用している医療機関や小売店を例に挙げよう。こうした組織にとって、遠隔からデバイスの一括管理ができるツールの採用は避けられない。Apple Configuratorは候補になるものの、幾つかの注意点がある。

1.「Mac」の管理が必要になる

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...