2021年05月01日 05時00分 公開
特集/連載

Apple Watchの心臓チェック機能が「臨床的に正確」だと判明 何がすごいのか?循環器疾患患者の「6分間歩行試験」を在宅で実現

スタンフォード大学の研究によると、在宅で「Apple Watch」を用いて6分間歩行距離試験を実施したデータは、臨床的に正確で有意義な洞察をもたらす。その事実は、医療機関や患者にとってどのような意味があるのか。

[Maxim Tamarov,TechTarget]
Apple Watch Apple Watch(出典:AppleのWebサイト)《クリックで拡大》

 スタンフォード大学(Stanford University)の研究チームは、Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」で収集した心臓の健康状態に関するデータが、在宅モニタリングに役立つことを発見した。同大学の研究は、循環器疾患の患者がApple Watchを使って、在宅で標準的な「6分間歩行試験」(注1)ができることを明らかにした。この研究では、休憩なしでの6分間歩行距離が1000フィート(304.8メートル)に満たない状態を「虚弱状態」と定義している。

※注1:運動能力の客観的評価のための検査。一定の速さで平地を6分間歩くことで、肺や心臓の病気が日常生活にどの程度の障害を及ぼしているかを調べる。

 Apple Watchのデータは、患者の心臓の健康状態に関する「臨床的に正確で有意義な洞察」をもたらし、患者の状態の安全なモニタリングを可能にした――。研究チームはこう述べている。

 2021年3月にスタンフォード大学の研究者が発表した論文によると、この研究では血管または心臓の手術を控えた110人の患者が被験者となった。研究者は被験者にAppleのスマートフォン「iPhone」とApple Watchを配布し、これらのデバイスで動作する専用アプリケーションが測定、収集するデータを6カ月にわたって追跡した。

「Apple Watchで在宅心臓ヘルスチェック」の “本当の意味”

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...