EUはなぜAppleに警告したのか? 「App Store」の“あの慣行”を問題視Apple「App Store」の“光と影”【第1回】

EUの欧州委員会は「App Store」をめぐって、Appleに反トラスト法違反の疑いがあると警告した。欧州委員会は、App Storeの何を問題視したのか。

2021年07月25日 13時00分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

関連キーワード

Apple | Amazon | Facebook | Google


 2021年4月、欧州連合(EU)の欧州委員会はAppleに対して、反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いがあると警告する「意義告知書」を送付した。アプリケーションストア「App Store」を通じた音楽ストリーミングアプリケーションの配信をめぐって、Appleが市場における独占的な地位を乱用したとEUは主張している。

EUはAppleの「2つの慣行」を問題視 「他のGAFA訴訟より影響大」との声も

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...