2021年07月21日 05時00分 公開
特集/連載

Amazonはなぜ訴えられたのか? 問題視された「最恵国待遇」(MFN)の意味Amazonと反トラスト法【後編】

「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業に対する訴訟が続く中、その一社であるAmazon.comが反トラスト法違反の疑いで提訴された。同社の何が問題だったのか。

[Makenzie Holland,TechTarget]

関連キーワード

Amazon


 前編「『GAFA』はなぜ訴えられているのか? 『反トラスト法』違反訴訟が活発化」は、Google、Apple、Facebook、 Amazon.comの大手4社(GAFA)をはじめとする巨大IT企業への反トラスト法(独占禁止法)違反訴訟が活発化している現状を紹介した。後編は、米国ワシントンD.C.のカール・ラシーン司法長官が2021年5月に提起した、Amazon.comへの反トラスト法違反訴訟を詳しく説明する。

問題視されたAmazonの「最恵国待遇」(MFN)条項とは

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...