Amazonはなぜ訴えられたのか? 問題視された「最恵国待遇」(MFN)の意味Amazonと反トラスト法【後編】

「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業に対する訴訟が続く中、その一社であるAmazon.comが反トラスト法違反の疑いで提訴された。同社の何が問題だったのか。

2021年07月21日 05時00分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

関連キーワード

Amazon


 前編「『GAFA』はなぜ訴えられているのか? 『反トラスト法』違反訴訟が活発化」は、Google、Apple、Facebook、 Amazon.comの大手4社(GAFA)をはじめとする巨大IT企業への反トラスト法(独占禁止法)違反訴訟が活発化している現状を紹介した。後編は、米国ワシントンD.C.のカール・ラシーン司法長官が2021年5月に提起した、Amazon.comへの反トラスト法違反訴訟を詳しく説明する。

問題視されたAmazonの「最恵国待遇」(MFN)条項とは

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...