2020年04月29日 05時00分 公開
特集/連載

「Zoom」がテレワーク需要で不具合 自宅の無線LANトラブルが原因の苦情も「Microsoft Teams」や「Slack」にも影響

テレワークによるWeb会議サービスへの需要の高まりに伴い、「Zoom」でサービスの不具合が頻発した。「Microsoft Teams」「Slack」といった競合も同様だ。利用の急速な拡大がもたらす影響を整理する。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 Web会議サービス「Zoom」を提供するZoom Video Communicationsは2020年3月中旬に、サービスを安定して稼働させることに苦戦していた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な大流行でテレワークの需要が高まり、利用が急増したことが背景にある。

 エンドユーザーは、クラウドに保存されたZoomの記録にアクセスするのに通常よりも時間がかかるようになった。Zoom Video Communicationsは、このように応答が遅延した原因として「需要の過剰な増加」を挙げる。

 電話でZoomのWeb会議に参加するためのダイヤルイン機能も2020年3月に何度か不調になった。トラフィックの増加で日本とニューヨーク、香港の電話回線が混雑し、利用できなくなることがあった。オーストラリアでも、同月中旬にダイヤルイン機能が時々アクセス不可になった。

「Microsoft Teams」「Slack」も利用が急増 “想定外”の苦情も

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...