2020年04月29日 05時00分 公開
特集/連載

「Zoom」がテレワーク需要で不具合 自宅の無線LANトラブルが原因の苦情も「Microsoft Teams」や「Slack」にも影響

テレワークによるWeb会議サービスへの需要の高まりに伴い、「Zoom」でサービスの不具合が頻発した。「Microsoft Teams」「Slack」といった競合も同様だ。利用の急速な拡大がもたらす影響を整理する。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 Web会議サービス「Zoom」を提供するZoom Video Communicationsは2020年3月中旬に、サービスを安定して稼働させることに苦戦していた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な大流行でテレワークの需要が高まり、利用が急増したことが背景にある。

 エンドユーザーは、クラウドに保存されたZoomの記録にアクセスするのに通常よりも時間がかかるようになった。Zoom Video Communicationsは、このように応答が遅延した原因として「需要の過剰な増加」を挙げる。

 電話でZoomのWeb会議に参加するためのダイヤルイン機能も2020年3月に何度か不調になった。トラフィックの増加で日本とニューヨーク、香港の電話回線が混雑し、利用できなくなることがあった。オーストラリアでも、同月中旬にダイヤルイン機能が時々アクセス不可になった。

「Microsoft Teams」「Slack」も利用が急増 “想定外”の苦情も

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...