2019年06月04日 05時00分 公開
特集/連載

カリフォルニア州立大が旧式のビデオ会議システムから「Zoom」に乗り換えた理由大学CIOが語る「Web会議システム」の魅力【前編】

カリフォルニア州立大学はWeb会議システム「Zoom」 を全キャンパスに導入した。従来利用していたビデオ会議システムからの移行に至った背景と、その選定理由は何だろうか。

[Micah Levine,TechTarget]

関連キーワード

コミュニケーション | 教育 | Web会議


画像

 企業は生産性を高め、ワークフローを改善するために、映像を使ったコミュニケーションシステムを求めている。高等教育機関も例外ではなく、高等学校や大学も映像を生かして、生徒・学生と教職員のコミュニケーションを改善しようとしている。

 カリフォルニア州立大学(CSU)は、テクノロジーを教育に生かす取り組みを進めている。その一環として、学生と教職員の学習やコミュニケーションに利用できるビデオ会議/Web会議システムを必要としていた。

 CSUは、2014年 にZoom Video Communicationsと提携し、同校の23カ所のキャンパス全てにWeb会議システム「Zoom」を導入した。同システムのライセンスを4万個以上契約し、約2万人の学生と教職員に対して発行している。

 本稿では、CSUの教育におけるテクノロジー活用の取り組みにおいて、品質や信頼性、柔軟性の高いWeb会議システムが必要になったいきさつを前後編にわたり説明する。同校のCIO(最高情報責任者)および学長事務局のCIOを兼任するマイケル・バーマン氏に話を聞いた。

会議システムの移行が必要だった理由

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...