医学でも経済学でもなく「IT」が英国学生の“1番人気”になった納得の理由「IT学位人気」が浮き彫りにするIT業界の現実【前編】

英国の学習者の間で、IT分野に関する「コンピューティング」の学位取得を目指す動きが広がっている。背景には、よく耳にする"あの存在”がある。

2023年04月08日 10時00分 公開
[Clare McDonaldTechTarget]

関連キーワード

人事


 英国コンピュータ協会(BCS:British Computer Society)によると、ITを扱うコンピュータサイエンスなどの「コンピューティング」の専攻が、大学進学を考える学習者の間で人気を集めている。背景には“あるトレンド”があるという。それは何なのか。

よく聞く“あれ”が要因?

 英国の大学出願者(18歳)のうち、コンピューティング専攻の志願者は、2023年には2022年比で9.6%増の9万2980人に上った。これは他のどの専攻よりも多かったという。教育サービス法人Universities and Colleges Admissions Serviceが運営する、英国の入学出願支援サービス「UCAS」への出願データ(2023年1月締め切り分)から判明した。

 専攻の選択に影響した可能性のある要素として、BCSが挙げるのは、

  • 人工知能(AI)技術、サイバーセキュリティ、データサイエンスといったIT分野に対する学習者の意識の高まり
  • 現実世界の問題にITが果たす役割の拡大

などだ。コンピューティングや法律といった「キャリアの見通しが良い専攻が、学習者の関心を集めている」と、UCASのチーフエグゼクティブであるクレア・マーチャント氏は説明する。

 BCSの教育・公益担当マネージングディレクターであるジュリア・アダムソン氏は、機械学習などのAI技術が「子どもが宿題をこなす方法や、就職希望者がカバーレター(履歴書の送付状)を書く方法を変革している」と指摘。ITの未来に期待が集まるのは「不思議ではない」と話す。

 「女性を中心に、若者はコンピューティングの学位を『世界を変えるためのパスポート』だと考えている」とアダムソン氏は説明する。「働く人が多様であるほど、IT業界はより公平性とインクルージョン(包摂性:誰も排除しないこと)を高めやすくなる」(同氏)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)も、学習者の専攻選びに影響したと考えられる。ロックダウン(都市封鎖)中は、仕事や買い物にITを使わざるを得なくなった。こうした生活環境の変化によって、学習者はIT職を選択肢として意識するようになった。


 次回は、コンピューティング専攻が人気を集める中でも根強く残る、IT人材の問題を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...