2018年10月21日 05時00分 公開
特集/連載

RPAの導入増加で見えてきた“落とし穴” いま最も関心が集まるテーマとは?市場規模は10倍以上に拡大

RPAは広く受け入れられ始めた。RPAの対象業務を拡大している企業もある。最新の動向を見てみよう。

[John Moore,TechTarget]
画像

 ソフトウェアロボットで業務を自動化する「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)導入の広がりは、新たな段階に入った。

 RPAを推進する上で、ガバナンス、チェンジマネジメント(組織の業務変革を効率的に推進するマネジメント手法)、ビジネス部門とIT部門の連携などを重視する必要性が高まっている――。RPAベンダーのUiPathが米マイアミで開催したカンファレンス「UiPath Forward」で、ある業界幹部はRPAのトレンドについてこう強調した。

 RPAが普及し始めた当初、企業の従業員は自分の雇用を脅かす存在としてRPAに抵抗感を示した。現在そうした抵抗感は薄れつつある。管理職はRPAが状況を一気に変革する可能性を秘めていることを認識し始めた。同イベントで講演したスピーカーの論調は、おおよそ、この傾向で一致した。

拡大するRPA市場

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...