2019年06月20日 10時05分 公開
特集/連載

B2Cだけでない「チャットbot」の用途【前編】「チャットbot」が社員の仕事を楽しくする

音声アシスタントをはじめとするチャットbotをうまく使えば、企業の従業員のユーザーエクスペリエンス(UX)を向上させることができる。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


画像 《クリックで拡大》

 チャットbotに人工知能(AI)技術を活用することで、企業の従業員のユーザーエクスペリエンス(UX)向上や、IT管理者のモバイルデバイス管理の効率化に役立てることができるようになってきた。

 モバイルデバイスをはじめ多様なデバイスで動くチャットbotは 音声アシスタント であり、文字入力や音声入力を使って人との会話をシミュレートする。近年ますますスマートかつ効率的になり、業務用にも使いやすくなってきている。

インテリジェント化するチャットbot

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。