「Hey Siri」「OK Google」で健康相談 「AI」で自動化進む患者対応医療に役立つ「AI」6つの用途【後編】

AI技術が医療にもたらす効果は、医療従事者の業務効率向上だけではない。生活指導や診療の予約など、患者の利便性向上に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。

2019年06月18日 05時00分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]

関連キーワード

Watson | 業務改善 | 医療IT | 機械学習


画像

 前編「医療従事者の負担を軽くする「医療AI」の使い道3選」では、医療従事者の仕事を支援するAI(人工知能)技術の活用例として、データ分析や画像解析、自然言語処理による診断支援を紹介した。医療機関はさらに、AI技術を患者ケアの改善に生かそうとしている。後半では患者対応に焦点を当てた、残り3つのAI技術活用例を紹介する。

利用例4.個人向け医療音声アシスタント

 現在販売されているスマートフォンには総じて、個人向け音声アシスタントが組み込まれている。Microsoftの「Cortana」やAppleの「Siri」、Googleの「Googleアシスタント」のような音声アシスタントを医療アプリケーションと組み合わせると、非常に大きな価値を提供できる可能性がある。

 考えられるケースの一つは、アラートや患者向け教育資料を提供するアプリケーションだ。人間のように対話することで、患者の現在の精神状態を評価することが可能になる。患者の要望や見守りに、医療担当者が対応することが難しい場合、音声アシスタントを組み込んだアプリケーションを使って負荷を軽減することも考えられる。

利用例5.個人向け生活指導

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...