2019年06月13日 05時00分 公開
特集/連載

医療に役立つ「AI」6つの用途【前編】医療従事者の負担を軽くする「医療AI」の使い道3選

医療機関の間で、AI技術を活用する動きが広がりつつある。医療画像解析や診断支援など、医療従事者の業務改善に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

Watson | 業務改善 | 医療IT | 機械学習


画像

 人工知能(AI)技術を実装した製品やサービスを提供できるよう、多額の投資をするベンダーは少なくない。MicrosoftやGoogle、Apple、IBM、Amazon Web Services(AWS)などのベンダーはいずれも、AI技術に関する取り組みに全力を尽くしており、AIサービスを既にユーザー企業に提供している。特に医療分野では、医用画像解析や診断にAI技術を活用することで、医療従事者の業務効率を改善し、患者をより手厚くケアできるようになる可能性がある。

 医療機関の間では、IBMのAIエンジン「Watson」を組み込んだ同社のクラウドサービスの利用が広がり始めた。Watsonを用いたクラウドサービスは、がん研究や患者リスク評価などの場面で使われている。

 AI技術が価値を発揮できるであろう用途は、その他にもある。ただし新しい技術が医療現場に入ると、必ず幾つか課題に直面する。医療機関がAI技術を活用する上で、よくつまずくのは、データの互換性や規制、患者・医療従事者の新しい技術の受け入れ方などの課題だ。医療機関の経営陣は、これらの課題を踏まえ、AI技術を評価/確認した上で、導入の取り組みを始めなければならない。

 前編では、医療従事者の仕事を支援するための、AI技術の利用例を3つ紹介する。

利用例1.きめ細かな医療のための高度な分析と調査

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...