2019年02月19日 09時00分 公開
特集/連載

ワイヤレスネットワークが災害復旧(DR)計画にもたらすメリットとは?クラウドの活用も有効

事業継続(BC)計画と災害復旧(DR)計画では、ITの回復力(レジリエンス)が重要だ。ワイヤレスネットワークの利点がビジネスの継続性にどのように役立つかを探る。

[Craig Mathias,TechTarget]
画像 災害対策は企業組織のITにとって欠かせない

 今日、あらゆる組織を成功へと導くためにITは不可欠だ。IT管理者は、重大な障害が発生した場合の対処計画をあらかじめ立てておく必要がある。ネットワーク障害はさまざまな規模で発生する可能性がある。その範囲は一時的なインターネットの接続不良から、洪水や火災による完全な機能喪失にまで及ぶ。最先端の事業継続(BC)計画と災害復旧(DR)計画を駆使して障害発生時の回復力(レジリエンス)を維持することは、あらゆる組織のITに欠かせない、ミッションクリティカルな要素だ。

 企業のIT戦略では、ワイヤレス端末とワイヤレス通信(Wi-Fiとモバイルデータ通信の両方)が中核を成す場合が少なくない。これを踏まえ、回復力、継続性、DR計画の一環として、ワイヤレス端末とワイヤレスネットワークの利点をどのように活用できるかを考慮する必要がある。

 ワイヤレスネットワーク環境の実現により、壁のネットワークコンセントが不要になるのは明らかだ。建物内のWi-Fiネットワークに障害が発生した場合は、迅速にモバイルデータ通信に切り替えられる。デバイスがWi-Fiネットワークしか利用できない場合でも、Wi-Fiルーターの接続先をモバイルデータ通信に切り替えるルーターを使えばよい。この切り替えは短時間で実行できる。Wi-Fiネットワークは非常に回復力が高く、特定のアクセスポイントで障害が発生した場合には、近くにある別のアクセスポイントをすぐ利用できる点も重要だ。

 より広い観点で見てみよう。ワイヤレス端末とワイヤレス通信の組み合わせは、利便性、柔軟性、生産性の向上、場所の独立性の全てを実現する。イーサネットケーブルに接続されたIP電話機やデスクトップPCは、携帯電話、タブレット、ノートブックPCなど、基本的に全てがワイヤレスである機器に置き換わりつつある。端末機器におけるこの現実は、回復力、継続性、DRの可能性の扉を開いている。

クラウドベースのネットワークのメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...