2018年07月12日 05時00分 公開
特集/連載

人事部で機械学習のできることとは機械学習で変わる従業員教育 DellとIBMはどう活用しているか

企業は、個人に合った従業員教育カリキュラムを用意する必要がある。本稿では、従業員の技術スキルや対人スキルを向上させるための教育、キャリアプランのアドバイスに、機械学習などのAI技術がどのように役立つかを解説する。

[George Lawton,TechTarget]

 「企業が従業員のスキル向上を重視しなければ、従業員は新しい課題に適応し新しいチャンスを最大限に生かす準備を整えることができない」と話すのは、人材サービス企業Randstad North Americaで人事部門の最高責任者を務めるジム・リンク氏だ。「そうした企業は最終的に、イノベーションのチャンスを逃すことになる」

 スキル不足に直面する企業が増え、雇用市場が激化するにつれ、企業や人事部にとって、従業員に新しいスキルを習得させることの重要性は日に日に高まっている。従業員のスキル向上にはさまざまなアプローチが考えられ、テクノロジー面でいえば人工知能(AI)技術と、AI技術の1つである機械学習を活用できる。AI技術で実現する可能性があるのが、絶えず変化する職場、そして「素早く仕事する職場」に従業員がより迅速に適応できるようにする人材育成プログラムだ。

 学習と能力開発に関するコンサルティング企業Owl's Ledgeの創設者トリッシュ・ウール氏によると、機械学習のユースケースは多岐にわたるという。

データ分析で最適なトレーニングを見つけられる

ITmedia マーケティング新着記事

news097.jpg

商談内容を音声解析して営業効率化支援、博報堂DYホールディングスがシステム開発
博報堂DYホールディングスは、営業活動の状況を音声解析で把握するシステム「CONOOTO」...

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...