2018年03月23日 09時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない人事管理システム、「HRM」「HCM」の必須機能とは人材管理、もしくは人的資本管理をどう捉えるか(1/3 ページ)

HRMやHCMなどの人材管理支援システムは、福利厚生管理や応募者の追跡から、優秀な社員の確保、その報酬まで、さまざまなことに対応する。企業は何に注目してシステムを導入すればいいのだろうか。

[Mary E. Shacklett,TechTarget]

関連キーワード

Workday | 経営 | 人事


画像 人材管理システムが企業にもたらすメリットとは?

 人材管理(HRM:Human Resource Management)システム、あるいは人的資本管理(HCM:Human Capital Management)システムは、さまざまな形態、機能を活用し、企業の最も貴重な資産である「人材」を扱う。

 これまでHRMやHCMといった人事管理支援システムは、人事(HR)専門家の管理を助けるものと考えられていた。だが、今では企業全体のマネジャーや従業員が使用するようになっている。人事の業務支援といえば、以前は給与計算や記録管理であったが、人事管理支援システムはそれ以上の業務支援が可能だ。

 人事管理支援システムが円滑化するのは「人材発掘」「応募者の採用」「従業員の給与と福利厚生の管理」「人事考課プロセスの監視」「社内トレーニングと雇用機会を通じた従業員の自己啓発とスキルアップ」「ソーシャルメディアツールによる従業員間のコラボレーション」などである。

 ここ数年、人事管理支援システムのベンダーは、さまざまな方法でサービスを拡張し多様化させている。そのため、同一条件で競合製品を比較するのは難しい。多くの製品に共通するのが「コア人事機能(給与計算、福利厚生管理、従業員の記録)」「人材管理(タレントマネジメント)」「人事、従業員、経営者向けのモバイルやWebベースのコラボレーションツール」だ。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディン...

news057.jpg

東南アジアのソーシャルコマース最新事情
SNS時代に新しいカスタマージャーニー。アジアの消費者の心をつかむには?

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。