2010年03月16日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS青山商事、富士通のICT基盤と連携した新在庫管理システムを導入

24時間稼働の物流センター開設に伴い、自社の物流システムと富士通の在庫管理システムを連携した在庫の一元管理システムを導入した。

[TechTargetジャパン]

 紳士服メーカーの青山商事は、24時間稼働の物流センター(千葉センター)開設に伴い、青山商事の物流システムと富士通在庫管理システムを連携した在庫の一元管理システムを導入した。3月15日に富士通が発表した。

 青山商事の物流システムは、RFID搭載ハンガーを応用したホイールシステム。富士通の在庫管理システムと連携することで迅速な在庫確認・出荷が可能になったほか、搬入先の店舗や時間、商品点数や配列などの情報から自動仕分けができるなど、1日単位でのきめ細かな配送を実現したという。

 富士通では、24時間ノンストップの物流を支えるICT(情報通信技術)基盤として、同社のPCサーバ「PRIMERGY」、ストレージシステム「ETERNUS」、統合運用管理ソフトウェア「Systemwalker」などで構成したシステムを構築。上記機能をサポートしている。

関連ホワイトペーパー

在庫管理 | 運用管理 | 富士通 | RFID | サーバ | ストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...