2018年10月18日 05時00分 公開
特集/連載

SAP S/4HANAの導入オプション、いまだにオンプレミスが大人気な理由いずれはSaaS型のシェアが勝るか

「SAP S/4HANA Cloud」はS/4HANAのSaaSバージョンとして登場したが、いまだほとんどの企業はS/4HANAをオンプレミスで運用することを好んでいるようだ。

[Linda Rosencrance,TechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SaaS | PaaS | SAP HANA | IaaS | SAP ERP


 「S/4HANA」の導入オプションが混乱のもとになっている。その理由は幾つかある。クラウドのマーケティングそのものが勢いづいていることもあるが、ベンダーとそのパートナーの使う用語が必ずしも一致していないことにも原因がある。

 事実、SAPの最新世代ERPプラットフォームの導入を計画する場合、S/4HANAの検討対象になる導入オプションは主にオンプレミス、プライベートクラウド(ホスト型)、パブリッククラウドの3つしかない。SAPも含め、専門家の中には、S/4HANAの導入オプションはハイブリッドを含めて4つあるとする声もあるが、ハイブリッドは3つのオプションをある程度組み合わせたものといえる。

 SAPユーザーは自社のデータセンターでオンプレミスバージョンをホストできる。SAPはオンプレミス製品には年単位のイノベーションサイクルを設けているが、ユーザーはアップグレードは強制されない。

 プライベートクラウドは、基本的にはオンプレミスの導入を安全なプライベートクラウドでホストするオプションだ。

 最後が純粋なパブリッククラウドのオプションだ。具体的にはSaaS(Software as a Service)を意味し、SAPやサードパーティーベンダー(「Amazon Web Services」や「Microsoft Azure」など)がホストして管理し、四半期単位でアップグレードされる。

S/4HANA導入オプションの人気ランキング

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...