S/4HANA移行の2大手法「グリーンフィールド」「ブラウンフィールド」の違い「SAP S/4HANA」移行のメリットと検討すべきポイント【後編】

「SAP ECC」から「S/4HANA」への移行を成功させるためには、何をすべきなのか。検討したい2つの手法「グリーンフィールド」「ブラウンフィールド」と、移行先インフラを検討する際の勘所を説明する。

2019年10月01日 05時00分 公開
[Christine ParizoTechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SAP ERP | SAP HANA


画像

 SAPの統合業務(ERP)パッケージ「SAP ERP Central Component」(ECC)のサポートが2025年に終了する。企業は後継製品である「SAP S/4HANA」への意向を迫られている。前編「SAPが語る『SAP ECC』と『SAP S/4HANA』の違いとは?」では、SAP担当者の話を基に、S/4HANA独自のメリットについて説明した。後編に当たる本稿は、移行計画を立てる際に検討したい移行手法と、S/4HANAを運用するインフラの選定について説明する。

S/4HANAへの移行手法「グリーンフィールド」「ブラウンフィールド」とは

 SAPはS/4HANAへの移行手法として「グリーンフィールド」を想定している。これは既存のデータ処理のプロセスや単純化モデルをそのまま利用し、既存環境の変換はしない移行手法だ。

 グリーンフィールドでは、大幅に変更したアドオンはそのままでは移行できないが、データクレンジングを支援するビジネスプロセスやツールは移行できる。そのためグリーンフィールドは「経済的に好ましい移行手法の選択肢になる」と、SAPでS/4HANA移行の責任者を務めるビョルン・ブレーマー氏は語る。

ブラウンフィールドが有力な選択肢になる場合も

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...