デジタル時代の人事戦略では、人事責任者の役割がますます重要にHR Techで臨時スタッフを生かしきる

デジタル時代の人事戦略では、自動化や埋め込み分析、使い慣れたサービス同様のインタフェースなどの導入が進み、人事責任者の役割はますます戦略的なものに変わりつつある。

2018年05月30日 05時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

ERP | 人事 | スキル | タレントマネジメント


 2つの異なる調査報告書から、人事部門で起こっている大きな変化が見えてきた。

 1つは、デジタル人事戦略の活用増加により、人事責任者が担う戦略的な重要性が高まっていること。もう1つは、増大する外部労働者活用に対応する必要性だ。

 この2つの傾向はつながっているようだ。外部労働者の活用が増えれば、臨時従業員の戦力化をスピードアップさせる新しい技術も必要になる。

 採用に関する課題もある。現在の労働市場で人材を獲得するプレッシャーはますます高まっており、人事責任者は新しい方法を必要としている。Oracle Applications Users Groupが開始した新しい求人サイトもその1つだ。

 以下に概要を紹介する。

総合的に機運を広げるデジタル人事戦略

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...