2021年03月26日 05時00分 公開
特集/連載

「自宅用コラボレーションデバイス」を“宝の持ち腐れ”にしないための注意点「自宅用コラボレーションデバイス」のメリットと注意点【後編】

テレワーク時に朝から晩まで何度もWeb会議をする従業員にとっては「自宅用コラボレーションデバイス」は有用だ。ただし何事にも例外がある。投資を無駄にしないための注意点とは。

[Andrew Froehlich,TechTarget]

 前編「“不快なWeb会議”を解消する『自宅用コラボレーションデバイス』の実力」は、テレワーク向けの「自宅用コラボレーションデバイス」のメリットを解説した。高解像度のディスプレイとWebカメラ、コミュニケーションツールを搭載する専用デバイスには一定のニーズがあるが、潜在的な注意点もある。

 例えば自宅用コラボレーションデバイスの導入について「自分たちが調達して管理し、サポートを提供しなければならないデバイスが増えた」と見なすIT部門もあるだろう。自宅用コラボレーションデバイスのコストは安くはない。従業員1人にそうしたデバイスを支給するためには数百ドルから数千ドルのコストがかかる可能性がある。従業員とIT担当者の両方に、新しいデバイスの使い方とトラブルシューティングを教える必要があることも考慮しなければならない。

「別のディスプレイとWebカメラ」は本当に必要か?

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...