2021年03月18日 05時00分 公開
特集/連載

“不快なWeb会議”を解消する「自宅用コラボレーションデバイス」の実力「自宅用コラボレーションデバイス」のメリットと注意点【前編】

テレワークが珍しくなくなった昨今、「ヘッドセットとPC内蔵Webカメラ」によるWeb会議に限界を感じるテレワーカーも現れつつある。改善策となり得るのが「自宅用コラボレーションデバイス」だ。そのメリットとは。

[Andrew Froehlich,TechTarget]

 テレワークが恒久的なポリシーとなりつつある中で、ITリーダーは「ヘッドセットとノートPC内蔵のWebカメラ」という組み合わせから一歩進んだ「自宅用コラボレーションデバイス」に目を向けるようになっている。ベンダー各社もこのトレンドに着目し、テレワーカーが会社の会議室と遜色ない品質のコラボレーションを実現できる、新しい自宅用コラボレーションデバイスの宣伝に力を注いでいる。

 自宅用コラボレーションデバイスのハイエンドモデルに投資する価値があると考える企業や従業員は存在する。一方で自宅用コラボレーションデバイスを導入するメリットが、コストや労力に見合わないこともある。自宅用コラボレーションデバイスを採用するメリットとは何だろうか。

Web会議の「音が聞き取りづらくて集中できない」を解消

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...