2021年03月18日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドベンダーは「SMR」HDDを積極採用か オンプレミスのHDD導入傾向は?「HDD」の需要と技術進化【中編】

クラウドベンダーは、今後も大量のHDDをデータセンターに導入する見込みだ。一方、ユーザー企業の間ではオンプレミスのインフラをサービスとして利用する動きが広がり、これがHDDの需要を押し上げる可能性がある。

[Carol Sliwa,TechTarget]

 前編「『20TBのHDD』の量産は遅れる? 『ニアラインHDD』拡大の訳は? HDD市場予測」に続き、業界の専門家によるHDD市場の注目点を紹介する。

「SMR」に関心のクラウドベンダー オンプレミスの動向は

画像 IDCのエドワード・バーンズ氏

調査会社IDCのリサーチディレクター、エドワード・バーンズ氏 企業のクラウドサービスへの移行が進み、ペタバイト規模のデータを保存するためのHDDの需要も一段と高まる。パンデミック(感染症の世界的大流行)の中で生き残るために、企業はデジタル技術を活用して自らの在り方を変える、DX(デジタルトランスフォーメーション)を優先的な課題に据えなければならなくなった。

 クラウドサービスを利用すれば、リソースの拡張性や必要に応じたサービスの利用開始と停止、コスト効率の向上を実現できる。クラウドベンダーは自社サービスに新しい技術を迅速に採用する傾向があるため、利用する技術の陳腐化を防ぐことも可能だ。事業継続計画(BCP)とリスク管理の解決策としてクラウドサービスの利用が検討されることもある。こうしてクラウドサービスの利用を後押しするさまざまな要因がある中で、クラウドベンダーが導入するHDD容量の増加率は2021年に30%台半ばまで高まると予測している。

 クラウドベンダーは、容量単価がより安い「SMR」(Shingled Magnetic Recording:シングル磁気記録)方式のHDDを中心に導入するだろう。これはHDD市場におけるSMR方式のHDD採用数を押し上げる要因になる。クラウドベンダーはデータ保存のコスト効率を高めるとともに、データ読み書き速度の低下をできるだけ抑制して、顧客が求めるサービスレベルを満たす必要がある。

 SMR方式のHDDは、「CMR」(Conventional Magnetic Recording:従来型磁気記録)方式のHDDよりもデータ読み書きに時間がかかる傾向にある。SMR方式のHDDを増やすのであれば、クラウドベンダーはどのようなデータの保存をSMR方式に割り当てるのかを検討する必要がある。2021年は、まず20TBのSMR方式のHDDが出荷される見込みだ。プラッタ(円盤状の記録媒体)1枚当たりの容量を増やす新たな技術をHDDベンダーが開発すれば、SMR方式のHDDはさらに大容量化するだろう。

 24時間365日、映像を撮り続ける監視カメラ用のHDDは2020年上半期には低迷した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で外出が制限され、従業員が企業拠点に出社する機会も減少した。このため監視カメラシステムの導入に対する関心も下がった。COVID-19の感染状況が収束すれば、監視カメラ用のHDDは大きく成長する可能性がある。

画像 TechTargetのスコット・シンクレア氏

TechTargetのシニアアナリスト、スコット・シンクレア氏 2021年は、オンプレミスのインフラをサービスとして導入する大きな流れが起こるだろう。ベンダーは旧型の製品の集約など、コスト効率の高いストレージの構築に着手する。

 かつてはデータ読み書き速度の向上と運用管理の簡素化を求めて、フラッシュストレージに移行する大きな流れが生じた。ストレージの主流がHDDからフラッシュストレージに移行した主な理由は、ユーザー企業は「何が必要か分からないが、全てフラッシュストレージにしておけば足りるだろう」と考えるからだ。だがインフラを購入するのではなくサービスとして利用するようになり、自社のストレージに求める要件が厳しくないのであれば、状況は変わる。

 Dell TechnologiesやHewlett Packard Enterprise(HPE)のようなベンダーが、「安価に要件を満たすために、HDDやテープを採用する」と言うのを、ユーザー企業は止める理由があるだろうか。ユーザー企業は、ハードウェアとして何を使用するかを気にしない。インフラをサービスとして調達することになれば、利用料金さえ支払えばユーザー企業は何も管理する必要はない。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。