2021年03月25日 05時00分 公開
特集/連載

“危ないWeb会議”を防ぐには「従業員研修」だけでは駄目なのか?「安全なWeb会議」の実現方法【前編】

これまでの会議のセキュリティ対策は、会議室やデバイスといった物理的な要素を考慮しておけばよかった。Web会議のセキュリティを確保するには、それだけでは不十分だ。何をすればよいのか。

[Katherine Finnell,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、企業は「Zoom」などWeb会議ツールの重要性を実感した。同時にWeb会議サービスの脆弱(ぜいじゃく)性も浮き彫りになり、ZoomでのWeb会議に第三者が乱入する「Zoombombing」(Zoom爆撃)といった迷惑行為が生まれた。

 調査会社Metrigyでアナリストを務めるアーウィン・レーザー氏は次のように語る。「2020年は『アプリケーションが安全だという前提で行動してはならない』という教訓を学んだ。われわれはCOVID-19流行前よりセキュリティについて賢くなっている」

 さまざまな企業がWeb会議のセキュリティポリシーを設け、パスワードやロビー(仮想的な待機室)の使用、通信の暗号化機能の有効化、未承認参加者の参加禁止を義務付けている。それらに加えてWeb会議の安全性を確保するには、Web会議の内容や利用するデバイスも含めたあらゆる側面を保護する対策が必要だ。

「危ないWeb会議」を防ぐには

 COVID-19流行前のWeb会議のセキュリティ対策は、デバイスやインフラといった物理的な要素を保護することで会議室そのものを安全にする対策が中心だった。調査会社Let's Do Videoの創立者デービッド・マルドー氏は「現在は物理的なセキュリティだけでなく、エンドユーザーの行動も保護対象になる」と語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...