2020年12月08日 05時00分 公開
特集/連載

TeamsやZoomなどのWeb会議の「録画」がプライバシーの新たな問題にWeb会議の録画データとプライバシー問題【前編】

テレワーカーを抱える企業にとってWeb会議ツールは欠かせない存在になった。一方でWeb会議ツールはプライバシーに関する問題をはらんでいる。

[Demetra Edwards,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のために、世界中の企業が在宅勤務をはじめとするテレワークを実施した。それを受けて企業は、離れた場所で働くチームのメンバーと定期的に連絡を取り合う必要性から、「Microsoft Teams」「Zoom」「Skype for Business」「Cisco Webex Meetings」といったWeb会議ツールを導入した。

Web会議の「録画」を巡るプライバシー問題

 コンサルティング企業Biz Technology Solutionsは、Web会議ツールとしてMicrosoft Teamsを日常的に使っている。同社のコンサルタントで共同創業者のレダ・シュファーニ氏は「直近で私が出張したのは1回だけだ。残る会議はWeb会議ツールを使って完全にバーチャルで実施した」と話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...