改正個人情報保護法に備え、万全なデータ保護を実現する
機密データを「利活用しつつ守る」をかなえる方法とは
改正個人情報保護法は、事業者の個人情報保護に関する責務を強化する。法改正に備えた情報漏えい対策として有効な手法の一つが、データ暗号化だ。データ利活用とデータ保護を両立させるには、どのように暗号化技術を利用すればよいのか。(2022/5/9)

仮想空間で進むハラスメント対策【後編】
「メタバースの過剰な監視」がもたらすのは安心か、それとも“悪夢”か
VR技術を扱うベンダーは、仮想空間内での悪質ユーザーによるハラスメントを防ぎ、安全を確保するための取り組みを推進している。これに対して専門家は、「過剰な監視」による悪影響を指摘する。(2022/4/20)

仮想空間で進むハラスメント対策【前編】
「仮想空間でのハラスメント」を女性の5割が経験 ベンダーの対策は?
仮想空間での痴漢やストーカーといった迷惑行為は、企業が仮想空間で会議やイベントを実施する際の妨げになる。仮想空間におけるハラスメントの実情と、ベンダーが打ち出している対策を紹介する。(2022/4/13)

「市民向け健康増進アプリ」の政策【後編】
肥満の健康リスクを「ヘルスケアIT」で解消したい英国政府、市民の懸念は
英国政府は、自治体が市民に提供する健康増進アプリケーションの実証実験を支援している。政府がヘルスケアITツールの普及を推進する狙いと、市民が懸念する「個人情報保護」の問題は。(2022/3/8)

NHSが抱える「医療機器のセキュリティリスク」【前編】
「IoMT」(医療分野のIoT)が病院の新たなリスクに――英国調査で分かった事実
英国NHS傘下の公営病院「NHSトラスト」の一部は、適切なセキュリティ対策を実施できていないことが明らかになった。NHSトラストは改善を続けているが、一方で新たなリスクが生じていると専門家は懸念を示す。(2022/2/21)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「個人情報保護法改正への対応状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/1/28)

ビールメーカーBrewDogは脆弱性にどう対処したのか【後編】
ビールメーカーBrewDogが「モバイルアプリ脆弱性」の公開に消極的だった理由
モバイルアプリケーションに脆弱性が見つかったBrewDog。情報公開に消極的だった同社の対応から、セキュリティの向上について学ぶべき教訓は何か。(2022/1/7)

サーバ内の機密データを守るには
令和2年改正個人情報保護法の注意点とは? 法令違反を防ぐためにすべきこと
2022年4月1日施行の「令和2年改正個人情報保護法」は、今までの個人情報保護法とは何が変わるのか。個人情報保護法に詳しい弁護士に、法令を順守してビジネスを続けるためのポイントを聞く。(2021/12/21)

やっと気付いた?
「Cookie同意ポップアップは有害」――英国がG7に見直しを提案
GDPRに基づいて始まった「Cookie同意ポップアップ」。これはユーザビリティーを低下させるだけでなく個人情報保護にとってむしろ逆効果だという。英国の呼び掛けによって改善に向かうのだろうか。(2021/11/5)

Uberが個人情報の取り扱いで犯したミス【後編】
Uberの情報漏えい事件が浮き彫りにした「越境プライバシー」問題の重要性
オーストラリアのプライバシー監視機関の調査によって、Uberの個人情報が流出したことが判明した。この事件により、国境を越えた個人情報の移動に関する問題があらためて浮き彫りになった。それは何なのか。(2021/10/22)

Uberが個人情報の取り扱いで犯したミス【前編】
Uberの「100万人分以上の個人情報漏えい事件」はなぜ起こったのか
オーストラリアのプライバシー監視機関の調査によって、個人情報を保護する適切な措置をUberが講じていなかったことが判明した。報告書の情報から、問題が発生した背景を読み解く。(2021/10/11)

「教員も学習者も、まずは知識を」と専門家
島内公立5校がサイバー攻撃でITシステム一斉停止 自治体はどう対処したのか
英国のアングルシー島にある5つの公立学校がサイバー攻撃を受け、各校の全ITシステムを停止した。アングルシー州はこの事態にどう向き合い、どう対処したのか。(2021/8/25)

オフィスワーク再開に役立つ「ワクチンパスポート」の今【後編】
新型コロナ「ワクチンパスポート」活用に「接触確認システム」の経験が生きる訳
企業がCOVID-19のワクチンパスポートを利用する場合、個人情報の管理に伴うさまざまなリスクが発生する。安全な利用には何が必要なのか。具体策を解説する。(2021/8/10)

オフィスワーク再開に役立つ「ワクチンパスポート」の今【中編】
新型コロナ「ワクチンパスポート」で無視できないプライバシー問題と解決策
COVID-19の「ワクチンパスポート」を利用する場合、企業が注意すべきなのが「プライバシー」の問題だ。どのような問題があり、どう対処すればよいのか。アナリストの知見を基に解説する。(2021/8/4)

オフィスワーク再開に役立つ「ワクチンパスポート」の今【前編】
新型コロナの「ワクチンパスポート」は今どうなっているのか?
COVID-19の流行が収まらない中、企業がオフィスでの業務再開を進める上で役立つのが「ワクチンパスポート」だ。国やベンダー、医療機関は、ワクチンパスポートにどう取り組んでいるのか。動向を追う。(2021/7/28)

「成功する」ビッグデータ活用の取説【中編】
「何を集めるか」がデータ活用の成否を分ける 9割の企業が悩む意外な要素は?
データ活用の目的を明確にすれば、どのようなデータを収集すればいいのかも見えてくる。ただし問題はそれだけではない。ビッグデータの活用に当たっては、企業はどのような課題を乗り越える必要があるのか。(2021/7/6)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第4回】
ファーストパーティーデータ強化で“脱サードパーティーcookie”する5つの方法
サードパーティーcookie廃止に備え、IT部門はデータ管理を見直しつつファーストパーティーデータを増強する必要がある。具体的に考えられる5つの方法を紹介する。(2021/7/1)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第1回】
“脱サードパーティーcookie”でデジタル広告はどう変わる?
サードパーティーcookieの使用を禁止する動きが始まった。競争力を維持したい企業は、顧客を識別するための新しく強力な手段の検討を迫られている。(2021/6/10)

大学のIT導入を成功させる5つの方法【後編】
大学のIT部門は「1つのIT製品で全てをまかなう」にこだわり過ぎてはいけない
学生と教職員のニーズを同時に満たし、規模に応じたシステムの運用や構築をするために、大学のT部門は何をすればよいのか。テネシー大学の事例を基に、そのヒントを探る。(2021/4/21)

データの倫理的活用を考える【第5回】
Salesforceも「データの倫理的活用」に本腰 原則を現場に落とし込む方法とは?
経営層がデータを倫理的に扱うと決めても、現場にその意図が伝わらなければ意味がない。どのようにすればよいのか。Salesforceをはじめとする先駆的企業の取り組みを基に考える。(2021/4/13)

データの倫理的活用を考える【第4回】
「データの倫理的活用なんて当たり前」と自信満々な人ほど危険な理由
AI技術のために用意したデータを、企業は倫理的に扱えているのか。データの倫理的活用に自信を見せるビジネスリーダーもいるが、その実態は。(2021/4/6)

データの倫理的活用を考える【第3回】
“取りあえずデータ収集”の落とし穴 「警察や検察へのデータ開示」が招く問題
「いつか何かに使うかもしれない」といった考えで、目的が不明瞭なまま集められるだけのデータを取得しようとすることは望ましいことではない。そうした企業は、大きな代償を払うことになる可能性があるからだ。(2021/3/29)

データの倫理的活用を考える【第2回】
「法律に違反しないデータ収集」なら何をしても許されるのか?
個人情報などのデータを収集する上でコンプライアンスは間違いなく重要だ。だが法律に違反しないデータ収集であれば問題は一切ないのか。データ保護やデータプライバシーをコンプライアンスと倫理の両面で考える。(2021/3/22)

データの倫理的活用を考える【第1回】
「取れるデータは根こそぎ取る」はなぜ駄目か? 「倫理的データ収集」の重要性
企業のデータ収集や活用における倫理的な正当性に関心が集まる一方で、手に入るデータ全てを当たり前のように取得しようとする企業もある。こうしたギャップを放置したままだと、企業はどのようなダメージを受けるのか。(2021/3/15)

医療ITニュースフラッシュ
信州大学医学部附属病院が新型コロナの検査報告に「RPA」導入 その効果とは?
佐賀県の嬉野医療センターがNutanixのHCI製品を導入した事例や、新型コロナウイルス感染症の検査報告業務にUiPathのRPA製品を導入した信州大学医学部附属病院の事例など、医療ITの主要ニュースを紹介する。(2021/2/28)

クラウドニュースフラッシュ
蔦屋書店がWebサービスを「マイクロサービス化」して「AWS」に移した理由
「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで教育システムのフルクラウド化を進める鴻巣市教育委員会や、「Amazon Web Services」を導入した蔦屋書店の事例など、クラウドに関する主要なニュースを6本紹介する。(2021/2/27)

「無料アプリがなくなる」とFacebook
Facebookが「Appleのプライバシー保護強化」に異例の批判 双方の言い分は?
Appleは同社製デバイスユーザーに関する新たなプライバシー保護策の導入を進めている。これに対してFacebookは異例の批判を始めた。それはなぜなのか。(2021/1/30)

プライバシー保護にAIを生かす【第4回】
AI×データプライバシーが実現する「異常検出」「応対自動化」「消費者知識の強化」とは
データプライバシー管理に関わる業務を効率化し得るのがAI技術だ。どのような用途があるのか。(2021/1/19)

データプライバシー管理に「AI」を生かす【第3回】
AI×データプライバシーの主な用途「データ特定」「フェデレーテッドラーニング」とは?
データプロフェッショナルの労力削減につながるAIデータプライバシーツールは、多くの点で企業に恩恵をもたらす。本稿ではこの技術の用途について解説する。(2021/1/14)

データプライバシー管理に「AI」を生かす【第2回】
データプライバシー管理に「AI」を使うなら無視できない課題とは?
データプライバシー管理にAI技術を利用すれば、業務の労力削減が期待できる。ただし過度な期待は禁物だとの声もある。どういうことなのか。(2021/1/7)

データプライバシー管理に「AI」を生かす【第1回】
データプライバシー管理を「AI」に任せたくなる“これだけの理由”
データプライバシー管理業務の自動化や労力削減に活用できるのがAI技術だ。どのようなメリットをもたらし得るのか。専門家に聞く。(2020/12/24)

Web会議の録画データとプライバシー問題【後編】
プライバシーを侵害しないための「Web会議」録画データの扱い方
Web会議ツールは、録画データに関するプライバシー対策という課題を企業に突き付ける。一部の業種や法令が設けているデータの取り扱いに関する制約は、録画データの運用にどう影響するのか。(2020/12/22)

Web会議の録画データとプライバシー問題【中編】
「Zoom」の録画機能の使い方は? そもそも「録画すべきWeb会議」とは?
Web会議ツールを使う際は録画データのプライバシー問題に対処する必要がある。そのヒントとして、「Zoom」での録画データの扱い方と、録画することで恩恵を受けられるWeb会議の種類を紹介する。(2020/12/15)

Web会議の録画データとプライバシー問題【前編】
TeamsやZoomなどのWeb会議の「録画」がプライバシーの新たな問題に
テレワーカーを抱える企業にとってWeb会議ツールは欠かせない存在になった。一方でWeb会議ツールはプライバシーに関する問題をはらんでいる。(2020/12/8)

新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第5回】
新型コロナ拡大防止のためなら「プライバシー」を犠牲にすべきなのか
企業や政府による新型コロナウイルス感染症対策には、プライバシー保護の観点から批判の声もある。人の命を左右する感染症の拡大を食い止める上で、プライバシーをどう考えるべきなのか。(2020/7/21)

新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第4回】
AI×サーマルカメラの「画像分析で発熱確認」は新型コロナ終息後も常識に?
新型コロナウイルス感染症の対策として、AI技術とサーマルカメラを用いた非接触の体温測定を実現する製品が出回っている。そうした製品は感染症の流行が過ぎ去っても使われ続けるという声がある。その理由は何か。(2020/7/14)

新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第3回】
政府主導の「新型コロナ接触確認アプリ」には何の意味があるのか?
人の行動や体温に関するデータを分析し、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止しようとする政府の試みには、プライバシー面の不安が伴うとの意見もある。各国はどう対処しているのか。(2020/7/7)

プライバシー課題を克服
「合成データ」とは何か? COVID-19の治療法研究を迅速化
患者のプライバシーを保護しながら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療法をいかに早く見つけ出すか。その有力な手段となり得るのが「合成データ」だ。(2020/7/2)

新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第2回】
新型コロナ「接触確認アプリ」が抱える“根本的な問題”とは?
新型コロナウイルス感染症対策として、感染者との接触の有無を知らせる接触確認アプリケーションの開発が進んでいる。エンドユーザーのプライバシー侵害を懸念する声が上がっているが、問題は他にもある。(2020/6/30)

新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第1回】
GoogleとAppleも開発 新型コロナ「接触確認技術」の利点と注意点とは?
新型コロナウイルス感染拡大を阻止するため、企業や政府は感染者との接触を確認する技術の開発を進めている。GoogleとAppleも共同開発に乗り出した、こうした接触確認技術がもたらすメリットと注意点とは。(2020/6/22)

サイバー攻撃のリスクに対処する
「サイバーセキュリティ保険」の3大タイプとは? 選定に失敗しないポイント
サイバーセキュリティ保険は、適切に選択すればリスクの軽減に大きな効果が期待できる。どの保険プランが自社に適しているか見てみよう。(2019/12/11)

顧客を知り、従業員を知る
スマートフォンのセンサーデータ分析がもたらすメリットとその代償
IT担当者はスマートフォンのセンサーデータの助けを借りてユーザーの行動を理解し、業務やワークフローを改善することができる。だが、センサーデータの収集には幾つか大きなリスクも伴う。(2019/9/12)

「音声アシスタント」が“盗聴”
「Alexa」「Googleアシスタント」「Siri」の録音は人が聞いていた
Amazon.com、Google、Appleはそれぞれの音声アシスタントが収集した音声データを請負業者が聞いていることを明らかにした。ただしそれがどんな頻度なのか、どの程度の量を対象とするのかは不明だ。(2019/9/3)

臨床医学研究に「AWS」を使う【後編】
名古屋大学医学部附属病院が研究基盤に「AWS」を選んだ理由
名古屋大学医学部附属病院が研究データ基盤をパブリッククラウドに移行する際、データ保護制度やガイドライン順守は大きなハードルだった。解決策として「Amazon Web Services」(AWS)の採用に至った理由は。(2019/9/25)

臨床医学研究に「AWS」を使う【前編】
名古屋大学医学部附属病院も直面 なぜ診療科ごとにデータベースが乱立する?
臨床医学研究の現場では、診療科ごとに研究用のサブデータベースが乱立する「サイロ化」の問題がしばしば起きる。同様の問題に直面した名古屋大学医学部附属病院は、解決に向けてどのような取り組みをしたのか。(2019/9/13)

2019年度のIT投資動向に関する調査レポート
2019年のIT投資、現状維持しつつもRPAやチャットbotに興味津々
TechTargetジャパン会員を対象に、「2019年度のIT投資動向に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2019/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー
少数精鋭の税理士集団がサーバ環境を自力構築、高度な要件をクリアした方法とは
少数精鋭の税理士集団である藤戸綜合事務所。医療法人の顧客も多い同社にとって、個人情報保護に向けたセキュリティ対策は重要だ。そんな同社が、高いセキュリティ要件を満たしつつ、サーバの構築と運用を自力で行える理由とは。(2020/8/3)

AIとIoTでの活用が進む
データレイクを「沼地」にしないために 2019年ストレージ技術予測
専門家によると2019年は、ビッグデータ分析、AI(人工知能)、機械学習、IoT(モノのインターネット)のための「ストレージアーキテクチャの見直し」が重要になるという。(2019/3/5)

経営戦略とセキュリティの方針の一致が鍵に
10人のCISOが語る「きっと話題になる10の課題」
CISOはデータ処理から人員対策まで、任せられる役割が増えつつある。本稿では、2019年にCISOが直面するであろう10の課題とその解決策について取り上げる。(2019/2/28)

物理、仮想、クラウド混合環境を統合保護
最新のクラウドネイティブ技術を用いたデータリスク対策とは
仮想化やクラウドへの移行が進むにつれて、企業のデータは至る所に散在するようになり、一元管理が難しくなる。こうした中で、必要性が高まるデータ保護の対策を適切に講じるには、どうすればいいのだろうか。(2019/1/7)