「DX」に熱心な公共放送局BBCに議員が向ける“ある懸念”とはBBCのDX戦略に立ちはだかる「理想と現実」【第1回】

公共放送局のBBCはDXの推進を表明し、事業と組織を再構築し始めている。ただし「その計画遂行能力には課題が残る」と英国議員は懸念を示す。どういうことなのか。

2023年03月20日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

データ | IT戦略 | データ分析


 英国会計検査院(NAO:National Audit Office)が2022年12月に公開した報告書「A digital BBC」によると、公共放送局BBC(英国放送協会)は視聴者の将来的な需要に応えられるように、組織をデジタルファースト型に再構築した。それに先立つ同年5月には、デジタルトランスフォーメーション(DX)計画を発表済みだ。ただし、同局の計画遂行能力には課題があるという。

BBCのDX推進に英国議員が向ける“懸念”の正体

 BBC会長のティム・デイビー氏はDX計画発表の際、文化的、経済的、社会的に大きなメリットをもたらし、グローバルリーダーとなるデジタルメディア組織を構築すると宣言。「デジタルファーストでコンテンツを制作し、真実の追求、公平性、卓越した創造性、独立性によって突き動かされる組織を目指す」と発言した。

 これらの目標を達成するためにBBCは、動画配信の世界で通用するコンテンツに資金を再配分する方針だ。テレビ、ラジオといった従来の放送事業については「シビアな選択」をし、同時配信・見逃し視聴サービス「BBC iPlayer」といったデジタルサービスに「もっと投資する」とデイビー氏は述べる。

 NAOが報告書を公開した数週間後、英国公会計委員会(PAC:Public Accounts Committee)はBBCのデジタル戦略を達成する能力に疑問を呈した。2023年1月にPACが実施した口頭弁論会の議事録によると、複数の議員が“ある懸念”を表明している。それはBBCがデジタル施策の拡充に伴って、受信料支払者の個人データを取得する機会を大幅に増やした場合に、同局が過去に表明した個人情報保護の保証を先延ばしすることがないかどうかだ。

 デジタル化の進展に伴い、個人情報の利用機会は広がる。BBCが個人情報の取得、保存、保護、利用の透明性においてベストプラクティスを満たさない場合「大きなレピュテーション(風評)リスクにさらされる」と、NAOの報告書は警告している。


 第2回は、BBCのDXへの姿勢に関して波紋を広げた、同局幹部の発言の真意を探る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...