テスラが壊した自動車の常識 “デジタルの発想”が生んだ3つの成功要因とは実践事例に学ぶDXの知恵【第3回】

Teslaは自動車の製造販売に新風を巻き起こした。同社のビジネスモデルの中核になる「3つの要素」とは何か。DXを目指す他業界が学べる点はどのようなものなのか。

2024年02月16日 05時00分 公開
[George Lawton, Mekhala RoyTechTarget]

関連キーワード

業務改善 | CIO | 顧客満足 | IT投資 | 経営


 電気自動車(EV)メーカーのTeslaは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を成した企業の典型例だ。自動車運転の体験にITを組み込み、自動車産業におけるチェンジメーカーの地位を確立した。Teslaがこだわるビジネスモデルから、DXの実践で学ぶべきポイントを探る。

製品設計とビジネスモデルに光る「3つの強み」

 Teslaが製造する自動車の特徴は「無線通信の活用」だ。ソフトウェアのアップデートを無線通信で実施することから、走行中の自動車からリアルタイムでデータを収集して不具合や改善点を速やかに把握することまで、自動車業界の常識を破壊してきた。

 Teslaの成功は、ITを前提とした3つの要素で成り立っていると考えられる。

  • 直販モデル
    • ディーラーを挟まず、TeslaのWebサイトを通じて自動車を販売する。その結果、顧客の購入体験に同社が介入できるようになる
  • 自社生産戦略
    • 部品の調達を社外のサプライヤーに依存せず、シートからバッテリーまでさまざまな部品を自社で開発している。自動車業界の標準からは逸脱しているが、一般的な自動車生産プロセスよりもコストを抑えることができ、臨機応変な開発が可能になる
  • イノベーションの速さ
    • バッテリーやモーターなどの部品を生産する「ギガファクトリー」で自動車生産を完結させることで、自社製品の需要に速やかに応えることができる。その結果、他自動車メーカーに対する優位性を確立できる

 コンサルティング会社PSG Consultingのマネージングディレクターであるアントニー・エドワーズ氏は、世界の自動車業界をけん引するTeslaから学ぶべきこととして「創造的であること」を挙げる。「自分たちの市場や業界にITは関係ないと考える人は、考え直すべきだ」と同氏は強調し、別の分野に挑戦することを推奨する。


 第4回は、DXによって新しいサービスを生み出した3つの事例を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...