「SD-WAN」がより賢くお得になる? 意図を理解する“AIネットワーク”の利点SD-WANの自動化は何をもたらすのか【後編】

SD-WANをベースにしてネットワーク関連の業務の自動化を進めることで、コスト抑制など複数の視点からメリットが得られるようになる。AI技術を用いることで将来的にはより自律したネットワークを構築できる。

2024年02月22日 05時00分 公開
[Robert SturtTechTarget]

 「SD-WAN」(ソフトウェア定義WAN)を使うことで、ネットワーク関連業務の自動化を進めることができる。業務を自動化するメリットには、

  • 時間とリソースの無駄を省くことができる
  • 人的ミスが減る
  • 堅固なネットワークになる

などがある。マネージドサービスプロバイダー(MSP)やエンジニアを採用する必要がなくなれば、コストを抑えられる。

 今後はAI(人工知能)技術をネットワークに取り入れることによる変化が見込まれる。SD-WANはどう変わるのか。

自動化の加速で「SD-WAN」が変わる?

 SD-WANを導入するには専門知識が必要になるため、現状はユーザー企業がSD-WANを導入するには専門知識を持つベンダーからの支援が必要だ。SD-WANベンダーは、基本的にシステムインテグレーター(SIer)やMSPを介して自社製品を販売している。

 自動化機能がより豊富かつ強力になると、SD-WANの構成や管理がより容易になり、フルマネージドサービスには現在のような価値がなくなるだろう。将来的には、ほとんどのSD-WANはDIY(Do It Yourself)または共同管理になる可能性がある。

インテントベースネットワーク(IBN)の実現

 近年のSD-WANはエラー訂正やパス選択などの基本的な自動化機能を備えている。自動化をさらに進めるには、AI技術によって、管理者のインテント(意図)を学習させる必要がある。

 学習したインテントに沿って自律的に運用するネットワークを「インテントベースネットワーク」(IBN)と呼ぶ。IBNが実現すれば、どのような変化が起きても、ネットワークは設定されたポリシーに基づいて修正されて動作する。

 利用できるデータが増えれば、AI技術によってデータからパターンを抽出し、どのような行動を取るべきかの判断ができるようになる。さまざまな情報が与えられることで、アルゴリズムは今までにないデータであっても適切に判断できるようになる。その判断はブラッシュアップされていく。

 AI技術や自動化を利用しないネットワークでは、アプリケーションの追加やトポロジーの変更の際に、少なくない時間を費やす必要があるだろう。クラウドサービスへの移行や新しい要件を定義するときに、設計が複雑化して手を焼くことになる。SD-WANでネットワーク管理を自動化すれば、ネットワーク要素のドラッグ&ドロップといった簡単な作業で、従来の複雑な作業を代行できるようになる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...