SD-WANから始める次世代ネットワーク 自動化に欠かせない手法とは?SD-WANの自動化は何をもたらすのか【前編】

2025年までに25%の企業が、ネットワーク関連業務の半分以上を自動化するという予測がある。自動化の基礎となるのはSD-WANであり、これはより高度な自動化に取り組むための最初の一歩にもなる。

2024年02月08日 05時00分 公開
[Robert SturtTechTarget]

 調査会社Gartnerが2023年に発表した予測では、25%の企業が2025年までにネットワーク関係のタスクの半分以上を自動化するようになる。自動化の基礎となるのは「SD-WAN」(ソフトウェア定義WAN)だ。

 SD-WANはネットワークやネットワーク管理に変化をもたらした。スイッチング(トラフィックの中継と転送)技術である「MPLS」(マルチプロトコルラベルスイッチング)登場以来のインパクトだと言って過言ではない。

 2024年現在では、企業のITチームがネットワークを管理する際、SD-WANを利用することが一般的な選択肢の一つとなっている。次世代ネットワークに移行するには、SD-WANを使いつつも、さらなるネットワーク業務自動化の仕組みが必要だ。何が自動化の鍵を握るのか。

次世代ネットワークに欠かせない2つの手法とは

 企業はネットワーク業務の自動化を進めるために、システム運用に人工知能(AI)技術を生かす「AIOps」と、開発と運用のプロセスを融合する「DevOps」を導入するべきだ。

 AIOpsツールの効果はタスクの自動化だけではない。バーチャルアシスタントを提供してUX(ユーザー体験)を向上させる。SD-WANベンダーは、DevOpsを採用して開発と運用のプロセスを統合することで、ソフトウェア機能の開発を迅速化できる。AIOpsとDevOpsのツールを統合して提供するベンダーも存在する。

 近年のSD-WANは機能をAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)化できるように進化している。APIを使用して、ビジネスニーズに応じた自動化機能を実装可能だ。

 AIOpsによるネットワーク業務の自動化を進めるには、APIを通してSD-WANの機能を利用できる必要がある。例えばAPIを利用して、単一の管理ツールからWANの構成変更や、「Amazon Web Services」(AWS)のようなクラウドサービス群の設定を変更する。個々の構成要素をまとめて管理する手法を取り入れることで、将来的にはシステム全体にAI技術による意思決定と自動化の仕組みを導入できるようになる。


 後編は自動化のメリットを掘り下げ、AIを活用したネットワーク管理のイメージを解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...