2007年11月14日 21時00分 公開
ニュース

ソフトブレーンとインフォベック、SFAとERPを連携させた内部統制対応ソリューションを提供NEWS

ソフトブレーンのSFAソリューション「eセールスマネージャー」とインフォベックのERPパッケージ「GRANDIT」を日本オラクルの「Oracle BPEL Process Manager」で連携可能に

[TechTarget]

 ソフトブレーンとインフォベックは11月14日、ソフトブレーンのSFAソリューション「eセールスマネージャー」とインフォベックのERPパッケージ「GRANDIT」を日本オラクルの「Oracle BPEL Process Manager」で連携可能にし、内部統制に対応したソリューションを提供する体制を整えたと発表した。これにより、内部統制上重要になる「業務の流れ」に準じてシステムを連携して使用でき、業務プロセスの進ちょくから基幹業務管理を一貫して行うことが可能になったという。

 今回の連携は、Oracle BPEL Process Managerで実現したものであり、データの連携だけでなく業務の流れに沿って動作するプロセスの制御を実現する、いわゆるSOAの構築が可能となった。SFAとERPシステムへの二重登録が不要となり、登録ミスの軽減をはじめ、受注売り上げ見込みの精度向上、不正処理を防ぐ仕組みを構築することも可能になるとしている。

関連ホワイトペーパー

ERP | SFA | SOA


ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...