老舗の小売業者に学ぶ「なぜDXをするのか」という本質的な問題DXを失敗させないための基本【第5回】

英国の老舗小売業者がDXを進めている。レガシーなITインフラを抱えた企業がDXを進めた目的と、何を達成しようとしているのかを紹介する。

2023年09月24日 05時15分 公開
[Cath EverettTechTarget]

関連キーワード

CIO | データ統合 | データ分析 | IT投資 | 経営


 自動車用品、自転車部品などの販売を手掛ける小売業者Halfords Group(以下、Halfords)は、2018年にデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを開始した。同社がDXに取り組む上で重視した目標とは、何だったのか。

なぜDXをするのか? 老舗の小売業者が掲げた“本当の目的”

 Halfordsが目指してきたのは、細分化された自動車サービス市場において、同社のシェアを拡大し、事業を成長させることだ。その一環でHalfordsは2021年12月、National Tyre Service(National Tyres and Autocareの名称で事業展開)の自動車サービス事業の買収を完了し、Halfordsが構築してきたブランドイメージの再構築(リブランディング)を図った。

 Halfordsの最高情報責任者(CIO)であるニール・ホールデン氏は、「さまざまな部門を統合することで、顧客が製品やサービスをより利用しやすくすることが、DXにおいて掲げた目標だった」と説明する。

 部門の統合に向けた課題は、オンプレミスを前提としたレガシーなITインフラを使っていたことだった。DXの取り組みを進めた結果、顧客が利用するシステムのほとんどが、クラウドサービスに移行済みか、移行中になったという。


 第6回は、HalfordがDXを通じて創出した成果を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...