装着すればスマホやPCが“頑丈”になる「防爆ケース」とは?「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第8回】

過酷な環境でも使用できる「頑丈デバイス」は、化学工場や石油プラントなど危険な場所で使える。だがコストの高さといった要因から導入のハードルは高い。この問題を解決する保護ケースとは。

2024年02月18日 09時30分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 工場やプラントなど、粉じんや高温、衝撃が発生する危険な環境下でもIT機器を使用したいというニーズは一定数存在する。複数のベンダーが耐久性や防爆性(火災や爆発を防ぐ)に優れた頑丈なノートPCやタブレットを提供しているが、コストの高さといった要因から導入のハードルは依然として高い。そうした悩みの解消に役立つのが、米国のメーカーXcielの保護ケースだ。

手持ちのデバイスを「頑丈仕様」に

 2011年設立のXcielは、モバイルデバイス向け保護ケースのメーカーだ。化学工場や石油プラントなど、通常のIT機器が使用できない防爆エリア(火災や爆発が起こり得る、空気中に可燃性物質が存在する場所)でIT機器を使用したいユーザー向けに、防爆仕様の保護ケースを提供する。対象デバイスは以下の通り。

  • Appleのスマートフォン「iPhone」やタブレット「iPad」
  • モバイルOS「Android」搭載スマートフォン
  • 「Surface Go」など、クライアントOS「Windows」搭載のタブレット

 保護ケースを装着すれば、防爆エリア内でもデバイスを使用することができる。デバイスに内蔵された接続ポートや有線接続、無線接続機能も使用可能だ。Xcielは保護ケースにデバイスを同梱したモデルも販売する。

 Xcielの製品は、災害時や軍事用途での使用は想定していない。保護ケースのみ購入する場合は、製品に保証が適用されるか確認するために、Xcielにデバイスと保護ケースを送って、保護ケースの装着とテストを依頼する必要がある。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...