“ネット遮断”は不便なんて話じゃない 国連も問題視するその深刻さとはもしもインターネットが遮断されたら【第5回】

さまざまな国や地域で起こるインターネット遮断を、国際連合(UN)は甘く見ていない。インターネット遮断の影響は経済的な損失だけではなく、さまざまな悪影響を生む可能性があるからだ。

2023年03月14日 08時15分 公開

関連キーワード

インフラ | ネットワーク | Webサイト


 各国の政府は、政治や社会の不安定な情勢を背景にインターネット遮断を実施することがある。その影響は「Webサイトを閲覧できない」や「仕事ができない」といったことにとどまらない。国際連合(UN)は、インターネット遮断が“非常に深刻な影響”を生む可能性があると懸念する。

インターネット遮断が引き起こす“本当の深刻さ”とは

 国際連合人権高等弁務官事務所(OHCHR)の局次長を務めるイルゼ・ブランズ・ケフリス氏は2022年9月、欧州連合代表部でインターネット遮断の影響について演説。「インターネット遮断は透明性や正当化を欠いている」と述べた。

 ケフリス氏によれば、さまざまな分野にデジタル技術が浸透するほど、インターネット遮断は社会に深刻な被害をもたらす。そのため政府は、どのような事情があったとしても「インターネット遮断の実施を控えるべきだ」と同氏は主張する。インターネット遮断は経済活動に悪影響を与えるだけではなく、食料供給をできなくしたり、医療・福祉制度の崩壊につながったりする恐れがある。

 抗議運動時のインターネット遮断について、ケフリス氏は「人権の侵害について自由な情報発信ができなければ、状況のさらなる悪化を引き起こす可能性がある」と説明する。

 OHCHRは2022年6月、「インターネット遮断による広範囲な影響が軽視される傾向にある」と警鐘を鳴らした。同事務所は、通信の減速や遮断が頻発することに危機感を示した上で、「インターネットが遮断されれば、人々は重要な連絡手段を失ってしまう」と指摘した。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。