2020年06月17日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナがインターネットにもたらした「過去に経験がない」変化とは?新型コロナに耐えるインターネット【前編】

新型コロナウイルス感染症の流行拡大でインターネットのトラフィックが急増した。実際にインターネットに何が起きたのだろうか。ISP各社に聞いた。

[Jennifer English,TechTarget]

関連キーワード

ISP | 新型コロナウイルス


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大の影響を受け、インターネットの利用が急増している。これに対してインターネットサービスプロバイダー(ISP)や通信事業者は、インターネットに接続するネットワークを増強して対処している。

 世界各地で新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、外出制限や在宅勤務の動きが広がった。これによってインターネットのトラフィック(通信量)が急増した。これまでもEpic Gamesが提供するオンラインゲーム「Fortnite」の最新版のダウンロードにアクセスが集中する、といったトラフィックの急増は幾度となく発生していた。だが今回のように「世界中でトラフィックが増えるのはこれまでに例がない」と、ISP事業を手掛けるCenturyLinkのCTO(最高技術責任者)、アンドリュー・デュガン氏は指摘する。

 ISP各社は、通信が混雑する輻輳(ふくそう)を回避するため、トラフィックの変化に応じて通信経路を動的に変える「トラフィックエンジニアリング」などの対策に関するノウハウを持っている。パケットロスや通信遅延を検出して輻輳の発生状況を把握するとともに、トラフィックが正常に処理されるように対処している。

 こうしたISPの専門技術やノウハウは、新型コロナウイルス感染症が拡大する中でも、輻輳緩和に一役買っている。ただし簡単な状況ではない。

インターネット利用傾向の変化

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...