2020年06月18日 05時00分 公開
特集/連載

在宅勤務中の社員に呼び掛けたいセキュリティ対策3つのポイント新型コロナが変える企業資産保護【前編】

企業ITの保護は、新型コロナウイルス感染症の対策としてテレワークが広まる中でますます重要になっている。セキュリティ対策を見直し、ERP(企業資産管理)をこの変化に順応させるためのポイントを紹介しよう。

[Kevin Beaver,TechTarget]

関連キーワード

ERP | セキュリティ対策 | 在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で在宅勤務などのテレワークをする人が増加すると、業務システムやデータなどの企業資産のセキュリティ対策は見直しの必要性を迫られる。テレワーク環境において従業員のセキュリティ意識を高める3つの方法を以下に示す。

  1. セキュリティポリシーの確認
  2. ソフトウェアのアップデート(会員限定)
  3. 新しいセキュリティポリシーのドキュメント化(会員限定)

1.セキュリティポリシーの確認

 各部門のリーダーが従業員に向けたメッセージを発し、セキュリティポリシーの重要な点と、従業員ハンドブックの記載場所などセキュリティポリシーの重要な点を参照できる箇所を伝える。セキュリティポリシーの重要な点としては以下がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...