2020年05月01日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナが「私物Apple端末は管理しなくてよい」という“常識”を変える?「COVID-19」で変わるデバイス管理【前編】

新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、テレワークの必要性が一気に高まった。働き方の変化は、デバイス管理の在り方にも影響を与え始めている。

[Mike Gleason,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大のために在宅勤務を強いられた企業の従業員は、PC、スマートフォン、タブレット、スマートスピーカーなど、会社支給と個人所有のさまざまなインターネット接続デバイスを使って仕事をこなしている。注意すべきは、利用するデバイスの種類が増えるほど、企業のセキュリティはより多様な脅威にさらされる点だ。

 COVID-19が広がる世界では、「統合エンドポイント管理」(UEM)製品などデバイスを管理する手段の導入を検討することが課題になる。UEM製品はさまざまな種類のデバイスを単一の画面で管理できる。LANやWANといった企業ネットワークに接続していないデバイスのセキュリティ対策を講じることが可能なUEM製品もある。

 「世界の労働力の多くがテレワークに移行する中で、エンドポイントセキュリティの重要性はかつてなく高まっている」。調査会社Forrester Researchでアナリストを務めるクリストファー・シャーマン氏はそう語る。ほとんどの場合、企業はデバイスやネットワークなどテレワークに必要なリソースを迅速に従業員に対して提供することを優先する。こうして「攻撃されるポイントを増やし、リスクを露呈させてしまう」とシャーマン氏は指摘する。デバイスを追加すれば、サイバー犯罪集団にとっては攻撃経路が増え、チャンスが増大するということだ。

 攻撃者がパンデミック(感染症の世界的な大流行)の混乱に付け込んで、従業員のデバイスを狙う攻撃が広がる動きが既に見られるという。「人と人を隔離させる措置が続く中で、この動きは増大するだろう」とシャーマン氏は予想する。

テレワークではApple製品も管理が必要

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...