2020年05月01日 05時00分 公開
特集/連載

IT部門“増員ゼロ”の銀行がVMwareではなくCitrixのVDI製品を使う理由「Citrix Workspace」への移行にはためらいも

金融機関のRenasant Bankは買収によって事業拡大を続ける一方、IT部門のスタッフは増員していない。その理由は、Citrix Systemsの仮想化製品の活用にあるという。どう活用しているのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

 金融機関のRenasant Bankは2000年代初頭から同業他社の買収を繰り返し、ミシシッピ州を拠点に、アラバマ州やテネシー州など、各州での事業拡大を続けている。同行は成長を続けているにもかかわらず、IT部門の人員を増やす必要には迫られていない。同行で執行役員を務めるアダム・アーチャー氏は、Citrix Systems(以下、Citrix)製品の利用によるところが大きいと考えている。

 Renasant BankとCitrixとの関係が始まったのは、Citrixが提供するアプリケーション仮想化製品「Citrix Presentation Server」からだ。Renasant Bankは現在Citrix Presentation Serverに代わり、後発製品の「Citrix Virtual Apps」と「Citrix Virtual Desktops」を導入している。同行はこれらの製品を使い仮想アプリケーションと仮想デスクトップを配信して、従業員の在宅勤務環境を構築している。「セキュリティ管理がしやすく、新しい従業員を追加しやすい」(アーチャー氏)

 本稿は、Renasant BankとCitrixの関係性や、Renasant Bankが活用している仮想化製品に関するアーチャー氏の話をまとめた。

―― 仮想化技術はどのように役立ってきましたか。

アーチャー氏 仮想化技術を利用するメリットの一つは、IT部門の人員を増やすことなく事業を成長させられることだ。当行はさまざまな買収を繰り返し、新しい従業員を迎え入れてきたが、仮想化技術を利用することで、IT部門の人員を増員する必要はなくなった。

VMware製品も検討したがCitrix製品を継続利用の訳

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...