2020年05月01日 05時00分 公開
特集/連載

IT部門“増員ゼロ”の銀行がVMwareではなくCitrixのVDI製品を使う理由「Citrix Workspace」への移行にはためらいも

金融機関のRenasant Bankは買収によって事業拡大を続ける一方、IT部門のスタッフは増員していない。その理由は、Citrix Systemsの仮想化製品の活用にあるという。どう活用しているのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

 金融機関のRenasant Bankは2000年代初頭から同業他社の買収を繰り返し、ミシシッピ州を拠点に、アラバマ州やテネシー州など、各州での事業拡大を続けている。同行は成長を続けているにもかかわらず、IT部門の人員を増やす必要には迫られていない。同行で執行役員を務めるアダム・アーチャー氏は、Citrix Systems(以下、Citrix)製品の利用によるところが大きいと考えている。

 Renasant BankとCitrixとの関係が始まったのは、Citrixが提供するアプリケーション仮想化製品「Citrix Presentation Server」からだ。Renasant Bankは現在Citrix Presentation Serverに代わり、後発製品の「Citrix Virtual Apps」と「Citrix Virtual Desktops」を導入している。同行はこれらの製品を使い仮想アプリケーションと仮想デスクトップを配信して、従業員の在宅勤務環境を構築している。「セキュリティ管理がしやすく、新しい従業員を追加しやすい」(アーチャー氏)

 本稿は、Renasant BankとCitrixの関係性や、Renasant Bankが活用している仮想化製品に関するアーチャー氏の話をまとめた。

―― 仮想化技術はどのように役立ってきましたか。

アーチャー氏 仮想化技術を利用するメリットの一つは、IT部門の人員を増やすことなく事業を成長させられることだ。当行はさまざまな買収を繰り返し、新しい従業員を迎え入れてきたが、仮想化技術を利用することで、IT部門の人員を増員する必要はなくなった。

VMware製品も検討したがCitrix製品を継続利用の訳

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...