2020年06月19日 05時00分 公開
特集/連載

“脱Zoom”を選ぶ人、Zoomを使い続ける人、それぞれの考え方「Zoom」は信頼できるのか【後編】

「暗号化について虚偽の主張をした」と訴えられるなど、「Zoom」のセキュリティ問題がたびたび世間を騒がせている。こうした問題を受けて、ユーザー側も、ベンダー側も動いている。

[Jonathan Dame,TechTarget]

関連キーワード

暗号化 | プライバシー | ビデオ会議


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行で、テレワークやソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保を余儀なくされたことを受け、さまざまな企業がZoom Video CommunicationsのWeb会議ツール「Zoom」を使用するようになった。だがZoomの普及と同時に複数のセキュリティおよびプライバシーに関する問題が見つかり、厳しい目が向けられている。

 セキュリティやプライバシーの問題のために、Zoomに見切りを付けたエンドユーザーがいる。

Zoomをやめる人、支持する人の言い分

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...