2020年04月18日 08時30分 公開
特集/連載

在宅勤務を危険にする「知識不足」「モバイル」「不審ソフト」への対処法は?自宅LANのセキュリティを確保する6大対策【後編】

インターネットに家庭内LANを介して接続する際、何に注意を払うべきだろうか。データプライバシーを保護するための対策を3つの観点に基づいて解説する。

[Daniel Allen,TechTarget]

 在宅勤務の普及やネットワークの拡大を受け、家庭でさまざまなデバイスをインターネットに接続する場面は少なくないだろう。そのような環境でセキュリティを確保するために実施すべきことを、前編「『パスワードは最低12文字』では不十分? 在宅勤務での情報漏えいを防ぐ方法」に続いて紹介する。

  1. 強力なパスワードの使用(前編で紹介)
  2. マルウェア対策(前編で紹介)
  3. プライバシー保護(前編で紹介)
  4. 正しいセキュリティ知識の習得
  5. モバイルデバイスの保護(会員限定)
  6. 信頼できないソフトウェアの排除(会員限定)

4.正しいセキュリティ知識の習得

 セキュリティ対策製品が個人データの保護に果たす役割を理解することは大切だ。デバイスの脆弱(ぜいじゃく)性を取り除くためのソフトウェア更新プログラムの適用も怠ってはならない。セキュリティに関する教育や啓発トレーニングも有効だ。機密情報の詐取を目的としたフィッシング、ソーシャルエンジニアリング攻撃(心理的な隙を狙う攻撃)といったオンライン詐欺を撃退し、エンドポイントを安全に保つのに役立つ。

5.モバイルデバイスの保護

 モバイルデバイスが保有する個人データを狙う攻撃に対抗するためには、以下の原則に留意する必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...