2020年04月18日 08時30分 公開
特集/連載

在宅勤務を危険にする「知識不足」「モバイル」「不審ソフト」への対処法は?自宅LANのセキュリティを確保する6大対策【後編】

インターネットに家庭内LANを介して接続する際、何に注意を払うべきだろうか。データプライバシーを保護するための対策を3つの観点に基づいて解説する。

[Daniel Allen,TechTarget]

 在宅勤務の普及やネットワークの拡大を受け、家庭でさまざまなデバイスをインターネットに接続する場面は少なくないだろう。そのような環境でセキュリティを確保するために実施すべきことを、前編「『パスワードは最低12文字』では不十分? 在宅勤務での情報漏えいを防ぐ方法」に続いて紹介する。

  1. 強力なパスワードの使用(前編で紹介)
  2. マルウェア対策(前編で紹介)
  3. プライバシー保護(前編で紹介)
  4. 正しいセキュリティ知識の習得
  5. モバイルデバイスの保護(会員限定)
  6. 信頼できないソフトウェアの排除(会員限定)

4.正しいセキュリティ知識の習得

 セキュリティ対策製品が個人データの保護に果たす役割を理解することは大切だ。デバイスの脆弱(ぜいじゃく)性を取り除くためのソフトウェア更新プログラムの適用も怠ってはならない。セキュリティに関する教育や啓発トレーニングも有効だ。機密情報の詐取を目的としたフィッシング、ソーシャルエンジニアリング攻撃(心理的な隙を狙う攻撃)といったオンライン詐欺を撃退し、エンドポイントを安全に保つのに役立つ。

5.モバイルデバイスの保護

 モバイルデバイスが保有する個人データを狙う攻撃に対抗するためには、以下の原則に留意する必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...