VPNだけじゃない 意地でもインターネットにつながる“裏技”もしもインターネットが遮断されたら【第4回】

インターネットが遮断されても、ユーザーはその影響を回避できる可能性がある。どのような方法があるのか。さまざまな裏技をまとめた。

2023年03月07日 08時15分 公開

関連キーワード

インフラ | ネットワーク | Webサイト


 VPN(仮想プライベートネットワーク)関連の情報を扱うWebサイト「Top10VPN.com」(運営:PrivacyCo)によると、政府がインターネット遮断を実施しても、ユーザーは必ずしも泣き寝入りする必要はない。インターネット遮断を回避する裏技を紹介する。

VPNだけではない インターネットにつながる裏技

 Top10VPN.comによれば、インターネットが完全に遮断されれば、基本的にユーザーには打つ手がない。部分的な遮断であれば対策はあるという。具体的には下記の通りだ。

  • VPNの利用
    • 特定のIPアドレスへのアクセス拒否やドメインネームシステム(DNS)のフィルタリングを回避できる。ただしインターネット遮断と同時に、政府がVPNツールをダウンロードできなくする可能性があるため、事前にダウンロードしておく必要がある
  • Tor(The Onion Router)ブラウザの利用
    • 匿名でインターネットにアクセスできる
  • SIMカードの購入
    • 隣接国から国際ローミングできる可能性がある
  • 現地系のチャットツールの利用
    • 「WhatsApp」や「Facebook Messenger」など、世界的に広く使われている欧米系のチャットツールは遮断対象になりやすい

 他にもTop10VPN.comは、近距離無線通信技術の「Bluetooth」に準拠したデバイスによるメッシュネットワークを使えば、インターネット接続ができなくてもメッセージのやりとりができると説明する。相手に送りたいと考えているデータをUSBドライブや外付けHDDに入れ、ハードウェアで受け渡す手もある。


 第5回は、インターネット遮断について国際連合(UN)の担当者がどう見ているのか、その見解を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。