ハイブリッドワークの時代こそ「クラウドを使いこなす力」が大切になる理由ハイブリッドワークに「DaaS」などのITはどう生きるのか【第4回】

クラウドサービスの活用は、ハイブリッドワークには不可欠だという考え方がある。その理由とは何か。ハイブリッドワークを実現するのに役立つクラウドサービスとは。

2023年03月07日 08時15分 公開
[Nick HeddermanTechTarget]

 企業は時間や場所にとらわれない働き方を実現するために、クラウドサービスの活用を進めている。調査会社Gartnerは、2022年2月に発表した調査レポート「Market Impact: Cloud Shift ―― 2022 Through 2025」で、アプリケーションソフトウェアへの投資コスト全体に占めるクラウドサービスの割合は2022年の57.7%から、2025年に65.9%に増加すると予測している。

ハイブリッドワークに不可欠な“クラウドを使いこなすスキル”とは

 企業がテレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」の体制を整える上で、仮想デスクトップのクラウドサービス「クラウドPC」や、コミュニケーションツールのクラウドサービスが大いに役立つ。こうしたクラウドサービスを導入し、従業員がどこからでも、どのデバイスでも業務に必要なアプリケーションを利用できるようにすることで、ハイブリッドワークを実現しやすくなる。

 ITは、人々がいつ、どこで、どのような形で働いていても、つながりを生み出す上で重要な役割を果たす。Microsoftが2022年9月に発表した働き方に関する調査レポート「Hybrid Work Is Just Work. Are We Doing It Wrong?」(広報持ち株会社Daniel J. Edelman Holdings傘下の調査組織Edelman Data & Intelligenceが2022年に実施した、11カ国のナレッジワーカー2万人に対する調査に基づく)によると、企業の96%の意思決定者と95%の従業員が、今後1年間に必要だと考える最重要スキルとして「効果的なコミュニケーション」を挙げた。雇用主と従業員は、たとえテレワークであっても、クラウドサービスなどの適切な手段を活用してコミュニケーションを図るべきだ。

 従業員は、勤務時間ではなく成果を評価する働き方を望んでいる。雇用主は「生産性パラノイア」(従業員が業務に集中しているかどうかを過度に心配すること)を克服し、従業員を信頼し、従業員が長期的に働ける企業文化を築く必要がある。クラウドサービスを使いこなすためのトレーニングに投資できる企業は、変化する従業員のニーズに応えられる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。