「クラウドPC」の魅力とは? 出社組も在宅組も喜ぶクラウド仮想デスクトップハイブリッドワークに「DaaS」などのITはどう生きるのか【第2回】

クラウドPCなどのDaaSやコミュニケーションツールは、使い方次第で従業員の意欲や生産性をより高められる。ハイブリッドワークに役立つこれらの手段の、効果的な使い方を説明する。

2023年02月21日 08時15分 公開
[Nick HeddermanTechTarget]

 社会情勢や市場経済の不確実性が高まる中、企業の間では業務アプリケーションとして、利用の開始や中止が容易なクラウドサービスの採用が進みつつある。クラウドサービスはインターネットがあればどこからでも利用でき、テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」でも利用しやすい。

「クラウドPC」がハイブリッドワークに役立つ理由

 仮想デスクトップをクラウドサービスとして提供する「クラウドPC」を導入すれば、従業員はどこでも自身の業務ができるようになる。クラウドPCや、仮想デスクトップインフラ(VDI)をクラウドサービスで運用する「クラウドVDI」といった「DaaS」(Desktop as a Service)を利用することで、従業員はどのようなデバイスでも、自分の仕事用のデスクトップや自社の業務アプリケーションにアクセスできるようになる。

 DaaSと自社が保有するデータ、自動化技術などを組み合わせてワークフローを構築すれば、業務をさらに効率化できる。自社の従業員同士だけではなく、顧客やパートナーの企業と同じ製品を利用することで、よりコミュニケーションが取りやすくなる。

 離れた場所で作業しているチームのメンバー同士がつながりを感じ、議論への参加意欲を高める手段として、コミュニケーションツールは不可欠だ。対話を促進するビジネスチャットツールといった最新のコミュニケーションツールを使うことで、ユーザー企業はWeb会議の設定や同僚とのチャット、ワークフローの自動化などが可能になる。


 次回は従業員の働き方に対する価値観の変化と、DaaSをハイブリッドワークに利用するメリットを詳しく説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...