燃え尽き症候群のセキュリティ管理者を救う「コグニティブレディネス」への期待セキュリティに心理学を応用する【中編】

さまざまな課題に直面するセキュリティ管理者の心の健康をどう維持するか。その有力な手段となり得るのが「コグニティブレディネス」だという。コグニティブレディネスの効果と身に付け方を心理学者に聞いた。

2021年03月20日 05時00分 公開
[Katie DoneganTechTarget]

 前編「セキュリティの“想定外”に動じない心の準備『コグニティブレディネス』とは?」は、変化する状況にうまく対処できる心の準備態勢「コグニティブレディネス」をセキュリティで応用する重要性を説明した。中編はコグニティブレディネスを育てない研修の問題点と、実際のセキュリティ業務にコグニティブレディネスをどう役立てればよいのかを解説する。前編に引き続き、心理学者でセキュリティベンダーImmersive Labs顧問を務めるレベッカ・マッキオン氏へのインタビューを基にしている。

―― セキュリティ管理職が離職したり、「燃え尽き症候群」になったりすることは珍しくありません。心の健康とコグニティブレディネスは関係しますか。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...