燃え尽き症候群のセキュリティ管理者を救う「コグニティブレディネス」への期待セキュリティに心理学を応用する【中編】

さまざまな課題に直面するセキュリティ管理者の心の健康をどう維持するか。その有力な手段となり得るのが「コグニティブレディネス」だという。コグニティブレディネスの効果と身に付け方を心理学者に聞いた。

2021年03月20日 05時00分 公開
[Katie DoneganTechTarget]

 前編「セキュリティの“想定外”に動じない心の準備『コグニティブレディネス』とは?」は、変化する状況にうまく対処できる心の準備態勢「コグニティブレディネス」をセキュリティで応用する重要性を説明した。中編はコグニティブレディネスを育てない研修の問題点と、実際のセキュリティ業務にコグニティブレディネスをどう役立てればよいのかを解説する。前編に引き続き、心理学者でセキュリティベンダーImmersive Labs顧問を務めるレベッカ・マッキオン氏へのインタビューを基にしている。

―― セキュリティ管理職が離職したり、「燃え尽き症候群」になったりすることは珍しくありません。心の健康とコグニティブレディネスは関係しますか。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...