2021年03月21日 10時30分 公開
特集/連載

「Edge」レガシー版終了へ Chromium版への移行で起こる“破壊的な変化”とは?Webブラウザのイノベーションが加速か

Microsoftはレガシー版の「Microsoft Edge」を一掃し、「Chromium」ベースの新しいEdgeにリプレースする計画だ。これはレガシー版EdgeユーザーやWebブラウザ市場にどのような変化をもたらすのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

 Microsoftは間もなく「Windows 10」からWebブラウザ「Microsoft Edge」のレガシー版を締め出し、Googleが開発を支援するオープンソースWebブラウザ「Chromium」をベースにしたバージョンのEdgeにリプレースする。同社によると、2021年4月13日に提供が始まるWindows 10の月例セキュリティ更新プログラムは、同社独自のレンダリングエンジン「EdgeHTML」をベースにしたレガシー版Edgeをアンインストールし、Chromiumベースの新しいEdgeに置き換える。

 この変更において、例えばタスクバーにピン留めしたレガシー版Edgeは、新Edgeに切り替わる。レガシー版Edgeで設定したお気に入りとパスワードも、新Edgeに引き継がれる。この月例更新プログラムは、最新バージョンのEdgeがインストール済みのWindows 10では、レガシー版Edgeの削除のみを実行する。

気になる“破壊的な変化”とは

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...