2020年02月11日 10時00分 公開
特集/連載

Chromiumベースの新「Edge」がChromeに勝てる“たった一つの条件”「Edge」と「Chrome」 企業が選ぶべきWebブラウザはどちらか【前編】

Microsoftが提供を始めた「Microsoft Edge」の新バージョンは、オープンソースの「Chromium」をベースにしている。同じくChromiumベースのGoogle「Chrome」との戦いに勝つために、Edgeに必要な要素とは何か。

[Mike Gleason,TechTarget]

 かつて市場シェアを巡って熾烈(しれつ)な争いを繰り広げたWebブラウザ戦争が、2020年に再燃の兆しを見せている。

 Microsoftは2020年1月15日、Webブラウザ「Microsoft Edge」の新バージョンの提供を開始した。これまでのEdgeはMicrosoft独自のレンダリング(描画)エンジンを採用していたが、新しいEdgeはオープンソースWebブラウザ「Chromium」を基本のソースコードに変更した。この変更によりEdgeと、同じくChromiumをベースにしたGoogleのWebブラウザ「Chrome」は、どちらも同じレンダリングエンジンを使用することになる。

 新しいEdgeは従来のWebアプリケーションを実行しやすくしただけでなく、プライバシー保護を強化しているとMicrosoftは説明する。専門家は、管理機能が充実している点や企業用途を重視している点が企業にとって魅力になるとみている。

 Netscape Communicationsが開発していたWebブラウザの「Netscape Navigator」対Microsoftの「Internet Explorer」や、Internet Explorer対Mozillaの「Firefox」といった競争から数十年を経て、またもやWebブラウザ戦争が始まる。調査会社VDC Research Groupのアナリストであるエリック・クライン氏は「過去になったことが再びよみがえるのは興味深い」と話す。

 MicrosoftはOSでは優位だが、Webブラウザでは成功と失敗を経験している。現在はMicrosoftのWebブラウザよりも、ChromeとFirefoxの方がユーザーの人気を獲得しているとクライン氏は説明する。かつてMicrosoftの標準WebブラウザだったInternet Explorerは「Chromeと比べると速度や使いやすさで劣っていた」(同氏)。

 「新しいEdgeの最強の競争相手はChromeになる」と、調査会社Forrester Researchのアナリストであるアンドリュー・ヒューイット氏は語る。ヒューイット氏によると、コンシューマー市場ではChromeが圧倒的なシェアを獲得している一方、ドイツのようにFirefoxが浸透している地域もある。

EdgeがChromeユーザーを奪うために必要なこと

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。