「Chrome」「Internet Explorer」「Edge」「Firefox」でcookieを管理するにはcookieの削除から追跡防止まで

「匿名でインターネットを利用できる」と考える人は少なくない。だが実際には、cookieがほぼ全ての行動を監視している。それから逃れるにはcookieの管理が必須だ。主要Webブラウザのcookie管理方法をまとめた。

2019年02月19日 05時00分 公開
[Gary OlsenTechTarget]
画像

 IT担当者はWebブラウザのcookieをある程度管理でき、その一環として削除や無効化もできる。cookieを管理する方法は、Webブラウザによって異なる。どのWebブラウザも基本的な管理機能はほとんど変わらないが、より強力な管理オプションを用意しているWebブラウザもある。

 IT担当者にとって、エンドユーザーが仕事で使うWebブラウザを指定することは難しい。少なくとも普及している主要なWebブラウザについては、cookieの管理方法を把握しておくことが重要だ。

cookie管理の是非

 cookieの設定を変更する前に、この操作にはリスクがあることを理解する必要がある。cookieの削除や管理はエンドユーザーに影響する。cookieを削除または制限すると、次のようなことが起こる可能性がある。

  • エンドユーザーが、仕事で利用する特定のWebサイトにアクセスできなくなる。
  • エンドユーザーがWebサイトを訪問するたびに、アカウント情報(ユーザー名とパスワードなど)を入力しなければならなくなり、生産性が損なわれる。
  • エンドユーザーが頻繁に訪問するWebページを、Webブラウザが記憶できなくなり、Webサイト内でのユーザーエクスペリエンス(UX)が悪化する可能性がある。
  • Webサイトの読み込みに時間がかかるようになり、検索パフォーマンスが低下し、仕事のパフォーマンスも落ちる。

 一方でcookieの削除や制限をしないと、次のようなことが起こり得る。

  • 攻撃者がcookie内にあるエンドユーザーのデータを不正に取得するといった、セキュリティリスクが発生する。
  • オンラインでの行のトラッキング(記録)がエンドユーザーにとって煩わしい。
  • 位置情報サービスにより、エンドユーザーの個人情報が筒抜けになる可能性が生じる。

「Chrome」でのcookie管理

ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...