2018年11月09日 05時00分 公開
特集/連載

広告ブロッカーが有効な場合もcookieのプライバシー対策、便利さとセキュリティのバランスをどう考えるか

cookieはWebサイトでパスワードや設定を再入力しなくて済むようにしてくれる便利な機能だが、プライバシーに関する不安がつきまとう。cookieの役割を整理した上で、どのようなセキュリティ対策があるかを紹介する。

[Gary Olsen,TechTarget]

 cookieに基づくトラッキング(行動記録)や広告表示などは、インターネットを無償で利用する対価のようなものだ。通常は無害であり、役に立つことも多いが、マイナス面もある。IT担当者はcookieを削除する前に、その役割とプライバシーの問題の両方を理解しておこう。

 WebブラウザでWebサイトのログイン情報や閲覧情報を保存する小さなファイルであるcookieは、1990年代から使用されている。ほとんどのWebサイトにはそれぞれのcookieポリシーがあり、ユーザーが確認できるようになっている。

 ユーザーが特定のWebサイトを初めて閲覧すると、cookieが作成されてそこに閲覧情報が保存される。次に同じサイトを閲覧したとき、Webブラウザがcookieを読み込んでユーザー名やパスワードなどの情報を自動入力する。これにより、Webサイトを素早く表示でき、ログイン情報を毎回入力しなくて済む。

 cookieはWebサイトでのユーザーの行動を追跡することもでき、閲覧したWebページや各ページの閲覧回数、ショッピングカートに入れた商品などの情報を保存できる。ユーザーは最近見た情報をもう一度確認したり、設定の入力を省略したり、関心のある商品やその他のアクティビティーを見直したりできる。通販サイトで見た商品が別のサイトで広告として表示されるのも、この機能があるからだ。

cookieのセキュリティ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...